セイウンスカイ(ウマ娘)単語

セイウンスカイ
9.0千文字の記事
  • 22
  • 0pt
掲示板へ

「あせってもいいことないよー。トレーナーさんもマイペースマイペース♪」

セイウンスカイ

セイウンスカイ(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬セイウンスカイ」をモチーフとするウマ娘である。 CV鬼頭明里

概要

誕生日4月26日 身長155cm 体重:申告漏れ スリーサイズ:B77・W55・H80

いつもフワフワと、やる気行方不明なのんびり
しかし結構な策士で、怠惰なのは油断させるためのポーズだったり、本当に怠けているだけだったりする。
趣味寝と釣り好きでもあり、よく野原と一緒に丸くなっている。
スペシャルウィークらと同期

“気の向くままに毎日を過ごしている、マイペースウマ娘。気まぐれで練習をさぼることも多いが、
いざレースになると、驚異的な逃げ足を発揮してペースを支配することが多い。実はとんでもない策士なのでは、といううわさも……?

がかった銀髪ふにゃっとした笑顔が印的なウマ娘勝負服地にモデルと同じ黄色をアクセントに配し、ショートパンツの意がある。前には特徴的な菊のヘアピンをつけている。

生まれが良くないことから周囲に期待されてこなかったといい、大らかな性格に見えて少しひねくれたところがある。

おじいちゃんっ子であり、快活なじいちゃんにちょっと引くところもありつつもとても懐いている。断定できるエピソードがあるわけではないが、当時の西山牧場オーナーである西山正行(現オーナー西山茂行の)がモチーフと考えられる。

アニメでの活躍

ゲーム版で最初に開された18人以外の追加組としてはキービジュアルに登場。
菊花賞レース展開は残念ながら再現されないが、史実通り主人公スペシャルウィークの最初のライバルとして闘を繰り広げる。

トレセン学園ではスペシャルウィーククラスメイトスペシャルウィークエルコンドルパサーグラスワンダー(と、ハルウララ)と一緒に話していることが多い。普段はマイペースだが熱いものを秘めており、レース中はガラリと表情が変わる。

ゲート入りを嫌がる癖があり、キングヘイローに窘められたり誘導員に理やり押し込められたりしている。史実でもこのようなゲート難を抱えていたのだが、人間再現されるといささかシュール

アニメBlu-ray BOX第1コーナーの封入特典「ウマ本」には、彼女役の小説ウマ話 〜セイウンスカイ編〜」が収録されている。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:あおぐもサミング

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
98 98 88 83 83
バ場適性
ダート
A G
距離適性
距離 マイル 距離 距離
G C A A
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
A B D E
成長率
  • 賢さ+20%
  • スタミナ+10%
固有スキルアンリング×スキーミング』
レース終盤のコーナーで先頭にいるとこれ幸いと加速を上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成ウマ娘:ソワレ・ド・シャトン

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
101 89 84 88 88
成長率
固有スキル『Do Ya Breakin!』
終盤の直線で前の方にいると意気揚々と速度を上げる、そこが向正面の場合さらに加速をちょっと上げる
ウマ娘テンプレートボックス

育成目標

  1. ジュニア6月メイクデビュー出走
  2. クラシック1月前半:ファン3000人集める
  3. クラシック4月前半:皐月賞G1)で5着以内
  4. クラシック5月後半:日本ダービーG1)で5着以内
  5. クラシック10月後半:菊花賞G1)で3着以内
  6. クラシック12月後半:有馬記念G1)で3着以内
  7. ニア4月後半:天皇賞(春)G1)で3着以内
  8. ニア6月後半:宝塚記念G1)で3着以内
  9. ニア10月後半:天皇賞(秋)G1)で1着
  10. ニア12月後半:有馬記念G1)で1着

概要

育成ウマ娘としては2021年6月10日実装。98世代の5人としては一の追加実装となった(他の同期って初期実装)。2022年3月29日には別衣装バージョン実装

標のレースは中・長距離G1レースとなるが、1着定なのはシニア天皇賞(秋)有馬記念のみのため、他の長距離ウマ娘べれば攻略難易度は低い方と言えるだろう。スタミナ面がやや手薄なのも較的問題になりにくい。

史実では新馬戦以外は中長距離しか走っておらず、こういった場合はマイル適性がF~Gになる傾向があるが、なぜかCと高め。当然標で要されたりもしないので空気な要素かと思いきや、実装から程近い7月チャンピオンズミティングがマイルだったのもあり、すぐに有効活用されることとなった。
逃げウマとしてはしく脚質適性の幅が広い(実際、1戦だけだが後方からまくって勝利したこともある)が、固有スキルとの相性を考えると逃げ以外で使うメリットは乏しい。

特徴的なランダムイベントとして、サボりたがるスカイを「理やりにでも連れていく」か「満足するまで休ませる」か間をとるかの3択がある。間をとった場合は難な効果となるが、他の選択肢は成功すればかなり美味しい一方で失敗するとやる気が下がったり「なまけ癖」が付いたりする。

固有二つ名トリックスター」は皐月賞菊花賞有馬記念(クラシック級)・天皇賞(春)を「逃げ」で勝利しつつ菊花賞の最終200m時点からゴールまで1位である」事が条件。史実再現+ifであり、特に菊花賞での見事な逃げ切り勝ちを示している。基本脚質が「逃げ」固定かつスキル逃げメインなのでそのまま後はレースを勝てばOK。また、菊花賞晴れ」で勝利すると特殊実況も入るので同時に狙える。

隠しイベントとして、クラシック三冠を達成するとやる気+1にスピードパワー+5、「急ぎ足」のヒントLv2を貰えるイベントが発生する。「急ぎ足」は固有スキル発動のための中盤先頭争いに有効な自前レアスキル「脱出術」の下位なので、ここは確実に取りに行きたいところだが、日本ダービースペシャルウィークがかなり強敵なので取りこぼしに注意。
また、クラシック10月前半に史実の勝ちである京都大賞典、もしくは同ターン毎日王冠に出走すると、それぞれちょっとした会話イベントがある。ステータスアップなどは特にないので、どちらもG2だしイベント回収以外の理由で出走する意味は薄いが。

各バージョンの特徴

通常バージョン[あおぐもサミング]は、固有スキル・獲得スキルとも逃げ特化かつ長距離向き。一方で成長率が賢さ+20%と、とにかくスピード・スタミナを重んじる長距離にはやや不向き。
固有スキルしい加速スキルゲーム仕様上、原則として終盤開始=ラストスパート(加速が必要な状況)開始となるため、コーナーから終盤が始まる条件のレース(つまり大半のレース)では一気に最高速まで加速することができ、かなりのアドバンテージをとることができる非常に強スキル……だが、先頭に立つことが条件なので対人戦では簡単には発動できない。スキルを十二分に生かすには中盤までのポジション争いを有利に進めることが必要。幸い、自で取れるスキルが明確にそういう構成になっており、同時期に賢さがこの点にを与えるという認識が広まり、好まれないことが多かった賢さ成長率+20%が利点として作用している。
なお、タイミングが「終盤のコーナー」というのも肝で、距離が長くなると最終コーナーではなく第3コーナーの時点で終盤になりがちなので、ここで発動できる加速スキルは特に重。
加速スキルとしては逃げ限定ながら飛び抜けた汎用性を持つが、もちろん、最終直線か向正面で終盤を迎えるコースでは効果が落ちる。前者は短距離くらいでしか起こらないので実はないが、後者はよりによって菊花賞天皇賞(春)が該当している(と言っても、これらの条件でもすぐコーナーに入るため、ある程度は有効)。

1周年バランス調整では一部スキルの上方修正を受けただけだが、「大逃げ」の追加と同時に先頭を要されるスキルの多くが条件緩和された中で固有スキルが「調整されなかった」ことが特筆すべき点と言え、登場以来チャンピオンズミティング環境で猛威を振るってきたスカイの立場が揺るがされるのかという点で今後が注される。

固有スキルムービーではイカダで水上を揺蕩って釣りをする。場所も行動ツッコミどころがしい。

ダンス衣装の[ソワレ・ド・シャトン]は、パンツルックにほんの少しだけ変わった髪型が特徴。
能面は引き続きの「脱出術」+1周年で強化され安定性を増した「先頭プライド」の上位「トップランナー」という汎用性抜群の位置取りレアスキル構成。
固有スキルは「直線」「先頭以外も可」と、通常版とは対照的な条件を持つ。普通に使うと単純な終盤速度スキル、向正面で終盤を迎えるコースだと加速効果が追加されるという、通常版のを埋めるようなデザイン。この場合少し前に登場したキタサンブラックと近い挙動だが、加速の方は「ちょっと上げる」という小さい効果になっており、実際のところ速度スキルとして使った方が一つのスキルとしての効果は優れる。

ムービーではスキル名通り、麗にブレイクダンスを決める。

サポート:[待望の大謀]

サービス開始時点から実装されているスタミナタイプSSR

サポートの所持スキルでは、「トリック(前)」に「先行ためらい」「差し駆け引き」と、先行~差しを戦術とするライバルたちを史実の如く陥れんとばかりのデバフ祭りが特徴的。ただ「先行ためらい」以外は使いにくい部類で、他のも含めて総合的にはあまり良いスキル構成とは言えない。

所持スキルは何気に戦術定が緩いが、レアスキル逃げ専用の「脱出術」(不確定。「急ぎ足」上位)、スタミナ得意なのでやはり中・長距離逃げ向きのサポートである。得意率アップが高く友情倍率も十分で、体回復つきのイベントが複数あるというアドバンテージも持っており総合的にはなかなかの性

サポート:[明日は全国的に赤でしょう♪]

2021年6月29日実装された賢さタイプSSR。つまり育成版実装のおよそ半月後であった。また、同じウマ娘ガチャSSRが2種類になるのはこれが初めて(SRで再登場した例はある)。
同時期に開催されたイベント幻想世界ウマネスト」に登場した、厳密にはスカイ本人と関係ないウマ王軍の魔将ブラッディスカイの姿。
固有のイベントではいきなりマーダーミステリーをやる

固有ボーナスと通常のサポート効果の両方でスピードボーナスを有するのが大きな特徴。トレーニング効果はだが、これによって賢さと並行してスピードを稼ぐことが意図された性と言える。

レアスキルは確定「先の心得」。[待望の大謀]共々、育成版で持っているレアスキルと一致する。確定なのはいいが、実質長距離逃げ専用なので需要はかなり狭い。

コミカライズ…?

小説ウマ話」の好評を受け、同作を元にした新コミカライズウマ娘 プリティーダービー BLUE SKY』(漫画渡辺)がサイコミで連載開始予定と2018年10月に発表されたexitのだが、以降全く音沙汰がない。

釣りについて

上記の通り釣り好きなセイウンスカイだが、西山オーナーの長女のたろう氏も疑問に思うものであった。

それに対し西山オーナーが返信、釣りバカ日誌作者であるやまさき十三氏と友であり、彼がセイウンスカイの大ファンで、口取り式には必ず参加していたとのこと。これが由来であるようである。

楽曲

気まぐれTuning Heart
作詞Soflan Daichi 作曲編曲高田暁
CDSTARTING GATE 08」収録。
winning the soul個別記事
クラシック三冠ウイニングライブ曲。「WINNING LIVE 01」のボーナストラックゲームサイズに参加しており、ゲーム内でも育成未実装だったサービス開始時点から歌唱対応済み。育成中の三冠レースで上位に入ってくれれば視聴可であり、同期組なら固定での出走もあるので、狙うのはそう難しくなかった。

関連ウマ娘

スペシャルウィーク個別記事
キングヘイロー個別記事
ライバルクラスメイト。別々の方向で素直すぎる2人なので、共にスカイに振り回されがち。モチーフは共に世代と称された同期で、クラシック戦線における3強を形成したライバル
スペは古以降も立ち塞がった宿敵である一方、キングは路線変更もあってフェードアウトするが、共に「血統」が(逆の方向で)になるという共通点もある。ゲームでもそれに準じるように、スペはシナリオ全編における脅威として(ライブ曲「winning the soul」が双方の持ち歌の為、共に歌う機会あり)、キングとは人間関係で全編を通してフィーチャーされている。
グラスワンダー個別記事
エルコンドルパサー個別記事
クラスメイト友人。スペ・キングと合わせて5人で一緒に取り上げられることも多い。く「グラスちゃんを怒らせてはいけない(大事なことなので2回言う)」。モチーフは同じく世代の仲間だが、共に外国産馬故にクラシック戦線での対決グラスワンダーとの98年の有馬記念(4着)のみ。グラスの育成ストーリーではこの有馬記念にあたる場面で印的な絡みを見せる。ゲームでのストーリーも史実を反映してかスペやキングべて関わりが薄く、スカイシナリオでは絡むのはグラスの長期リハビリ(+クラシック三冠不参加)によりクラシック級の終盤以降、エルとは冒頭の「世代」の絡みのみと温度差があったりする。
ニシノフラワー個別記事
友人モチーフは同馬主先輩で、しかもスカイとの間に子孫も残っている。ウマ娘では年齢がひっくり返り、年上の遊び人と世話焼きな年下というちょっと心配になる感じの関係に。『うまよん』の61話「デイジーの咲く公園で」(その他にも何度も絡みアリ)、フラワーのサポートカード[あなたにささげる]など、子孫のことも交えて強にフィーチャーされることが度々ある。そんなフラワー経由でアグネスタキオンとは三角関係のような間柄になっている(ニシノフラワーアグネスタキオンを産んでおり、更に言うと前述のスカイとの子孫もタキオンの血を受け継いでいる)。

訳語変更

繁体字版アプリにて、セイウンスカイは「天空」と訳されていたが、2022年8月29日メンテナンス後、「青雲天空」に変更される旨が発表された[1]。「方需(著作権者の要望にお応えして)」とあるが、この「方」がを意味するのかは不明である。

本作中国語版は香港ジョッキークラブの訳にできる限り準じているが、セイウンスカイ香港名が不明である[2]。そのため、この訳は『ウマ娘』独自の訳である。

西山茂行オーナーは、セイウンコウセイ着に「青雲恒星」と刺繍したり、中国競馬ファンに対して「セイウン」の漢字表記を「青雲」と答えたりしている。

一方、香港JC訳において、他の「セイウン」冠の競走馬は、セイウンコウセイが「特色」、セイウンハーデスが「魔神」のように「」と訳されていたため、これまでの訳はこれに準じていたものと思われる。

なお、簡体字版は未配信のため、訳の変更があるかどうかは未定アニメ版は「天空」。

史実

セイウンスカイ

1995年生まれ。シェリフズスターシスターミルミルジョージ系はかつて一世をしたものの当時は既に衰退していたハイペリオン系で、は産駒の成績の悪さからセイウンスカイデビュー前に種牡馬用になっていた。
「セイウン」は西山牧場が用いる冠名の一つで、実に爽やか名前を与えられた彼だが、競馬ファン間ではもっぱら中間を取って「ウンス」と略されている。

そのマイナーな血統もあって期待は低かったセイウンスカイだが、予想に反してくから頭を現す。新馬戦ジュニアカップを圧勝すると、98年のG2弥生賞ではスペシャルウィークの2着に敗れるが、皐月賞では徳吉孝士に代わって新たにパートナーを組んだ横山典弘とのコンビキングヘイロースペシャルウィークの猛追をかわして逃げ切り勝ち(既に一流騎手として名を馳せていた横山だが、これが初のクラシックタイトルとなった)。日本ダービーでは4着に敗れたが、を挟んでのG2京都大賞典では古G1メジロブライトを下して勝利

そして迎えた菊花賞では、横山の奇策とも言えるレース運びが完璧に嵌り、結果3000mを々と逃げ切って当時の世界レコード叩き出し、クラシック二冠を達成する。この後の菊花賞逃げ切り勝ちは23年後のタイトルホルダーまで待つことになる。偶然なのか運命なのかこの時のタイトルホルダー上はセイウンスカイ横山典弘騎手の三男にして98年生まれの横山武史騎手である。「血の系譜」ブラッドスポーツと称される競馬世界でおいても騎手まで繋がるというのはドラマとしか言いようがないだろう。
ウマ娘における「策略を巡らす『トリックスター』」というキャラクターは、ほぼこのレースありきのものと言っても過言ではないだろう。もちろん策略を巡らせたのはではなく騎手なので、「これはノリさんの美少女化では?」などと言われることも。

しかし以降は振るわず。と言っても日経賞札幌記念とG2では2連勝、G1でも同期に敗れてはいるが連続で入着はしていたが、4歳時の天皇賞(秋)の後に屈腱炎を発症。1年以上の休養の後、復帰戦となる6歳時の天皇賞(春)テイエムオペラオーが連覇を果たしたか後方、前のから10以上離されての最下位に敗れたのを最後に引退した。

種牡馬としては血統の悪さに加え引退時期を見誤る形となったからまるで人気が出なかった。どのくらいかというと、9年活動した合計の生産頭数がスペシャルウィーク全盛期の1年分に遠く及ばない程度。キングヘイローグラスワンダー逝したがエルコンドルパサーも軒並み人気種牡馬となりGⅠを輩出したのとは対照的に、相手の量も質も恵まれない状況下ではやはり結果も出ず、重賞勝ちすらゼロだった。
2011年8月16日未明、房で亡くなっているのが発見された。16歳没。

の質に恵まれないと言ったが例外もあり、セイウンスカイに並ぶ西山牧場の名ニシノフラワーとの交配を行っている。希少な一級品の低評価を宛がうという、言ってしまえば採算度外視な配合で生まれたニシミライは未勝利に終わるが、系として血筋は残り、曾孫にあたるニシノデイジー2018年に2歳G3勝利している。
ちなみに、2020年に亡くなったニシノフラワーの墓は、西山牧場にあるセイウンスカイの墓の隣に建てられている。まあ、同じ牧場の墓を同じく敷地内に建てたのだから自然なことではあるのだが。

多士済々の世代、二冠ながら古G1を勝てなかったセイウンスカイは世代の一番手に挙げられることは多くないが、あの菊花賞セイウンスカイは他のどんなよりも強かったとファンも少なくない。
あの日の京都競馬場の上と同じ青空を。新たな伝説トレーナーの手に委ねられている。

詳細は当該記事へ→セイウンスカイ

関連動画

ウマ娘プロ実況リンク

1998年4月19日 中山競馬場 第58回 皐月賞

実況堺正幸フジテレビ
解説吉田均(競馬エイト
解説:東信二(1987年皐月賞菊花賞サクラスターオー勝利騎手

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

脚注

  1. *8/29「賽馬娘Pretty Derby」繁體中文版臨時維護&版本更新公告exit
  2. *香港での馬券販売対レースに出走していなくとも、過去の勝ち紹介調教師紹介などで取り上げられ、香港名を持つ場合がある。しかしセイウンスカイはそのような形での訳も未発見である。

【スポンサーリンク】

  • 22
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイウンスカイ(ウマ娘)

617 ななしのよっしん
2022/08/18(木) 13:02:27 ID: oIdmABTTQC
SRのラッパ飲みしてるセイちゃん可愛いw
618 ななしのよっしん
2022/08/20(土) 12:39:57 ID: cHxSG5LvaL
コパノリッキーと仲良いっぽいのは馬主ネタ
619 ななしのよっしん
2022/08/25(木) 12:08:04 ID: CsG1w7Z9sR
最近ツイッターで2ペットボトルラッパ飲みするセイちゃんのイラストたくさん見かけられてたすかる
620 ななしのよっしん
2022/08/25(木) 13:37:45 ID: pORyERyW8D
ハフバ新曲もちゃんと歌唱してたから、個人的には次の4thイベントも来て欲しいけどねぇ。
621 削除しました
削除しました ID: 0vAatsWZZ3
削除しました
622 削除しました
削除しました ID: KuAMdQ3a6i
削除しました
623 ななしのよっしん
2022/10/19(水) 22:30:21 ID: oIdmABTTQC
numberとウマ娘コラボの表のセイちゃんが妙にカッコいいなw
624 ななしのよっしん
2022/10/20(木) 23:40:20 ID: dRao1c1Hln
サクラローレルと同室とな
625 ななしのよっしん
2022/10/21(金) 06:37:08 ID: 2xbjIuQGF6
SRセイちゃんのイラスト視点なのかずっとわからなかったけど、同室のローレル中にセイちゃんがいないことに気づいて探しに来たときのイラストだったのだと認識しました。
626 ななしのよっしん
2022/10/21(金) 19:42:11 ID: oIdmABTTQC
セイちゃんの同室がローレルって情報は今回の雑誌が初出っぽい?