ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦単語

ガイアセイバーヒーローサイダイノサクセン

『ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦』とは、1994年1月28日バンプレストから発売されたSFCRPGである。
開発元はアークシステムワークス株式会社とTNS。

本稿は多くのネタバレを含みます。ご了承の上、閲覧されてください。

ニコニコ動画では「ガイアセイバー」でのタグ登録が多いため、検索等はこちらから。
「ガイアセイバー」でキーワード検索exit_nicovideo
「ガイアセイバー」でタグ検索exit_nicovideo

あらすじ

その戦いは、突如として始まった。
ジオン軍の仕掛けたコロニー・サイド7への電石火の攻撃は、
地球連邦軍をはじめとする地球全ての防衛効化した。
時同じくして、ショッカーテロ作戦宇宙人侵略行為、
さらには地震津波竜巻といった、あらゆる災いが地球を襲った。
そしてついに、ジオン軍によるコロニー落としが強行され、
今の地球にこれを阻止するは残されておらず、地球は大きな傷を負ってしまった…

地球にはヒーローがおり、この間も彼らは決して闘っていなかったわけではない。
強大な敵の前に、ヒーローひとり一人の「」は、あまりにもだった…

地球から遠く離れたM78地球危機は、このウルトラでもキャッチされた。
宇宙トロール隊長ウルトラの父は、ゾフィーウルトラマンレオの三人の戦士地球に向かわせ、ヒーローを束ねる組織、『同盟』を作ることを命じた。

かくてウルトラ一族のを借り、アムロをはじめとする地球連邦の人々は、
基地を脱出し、日本科学特捜隊基地に辿り着く。

科学特捜隊基地では、ウルトラの父と意思同じく、『同盟』を組んで地球悪の組織から守るための計画がなされていた。アムロはこの計画に参加することとなる。

次々に襲いかかる敵の猛攻を退け、地球に眠るを解き明かしていくアムロ達。
しかし、その活躍をに、悪の軍団の度重なるテロ攻撃に怯えた各は、
あろうことかジオンショッカー同盟に人類の全降伏を宣言してしまう。
味方に見捨てられた『同盟』は、果たして地球を守り抜くことが出来るのだろうか…?

概要

本作は、当時バンプレストが展開していたSD表現のロボットアニメ特撮作品のキャラクター達が戦うクロスオーバー作品「コンパチヒーローシリーズ」の1作であり、ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズガンダムシリーズキャラクター達が一堂に会した作品である。本作以前に発売された同シリーズヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』のシリアスドラマ路線をさらに推し進めた作品となっており、全8話のオムニバス形式でストーリーが進行する。
アマゾンスーパー1レオといった、原作シリーズ内でもあまりスポットの当たらないキャラをあえて軸にしており、ヒーローたちが『同盟』を組み、悪の組織と戦っていく。
※ちなみに前作とは開発元は異なっているため、前作やその他のコンパチシリーズとの繋がりはない。

登場キャラクター

ここではパーティとして扱えるキャラクターを紹介し、その他は割愛する。初めから全てのキャラクターを操れるわけではなく、ストーリーの途中での加入や離脱をすることがある。

ガンダムシリーズ

モビルスーツ擬人化はされておらず、パイロットモビルスーツに搭乗する。狭い屋内ダンジョンにはモビルスーツが入らないためプチモビに搭乗して戦うことになり、その場合は通常より値が減少する仕様になっている。このゲームの装備はSサイズ・Lサイズと種類があり、モビルスーツとプチモビでは装備品が異なるため注意が必要。

アムロ・レイ(搭乗機:ガンダムF91ガンダムνガンダムガンダムキラー
ガンダムシリーズでは一番最初に仲間になる中心キャラであり、本作の主人公ポジション連邦軍士官としてジオン軍と戦っていたが、拠点としていたジャブローが陥落、日本科学特捜隊基地に墜落し生き延びる。その後ヒーロー同盟に参加し、リーダー格として活躍する、そのため最終的にはパーティから外せなくなる。

シーブック・アノー(搭乗機:νガンダムガンダムF91
第5話にてスーパー1と共に参加。終盤でガンダムνガンダムガンダムF91の3種類から機体の乗り換えが行える。倒れたウルトラキラーに対し「とどめをさしましょう」と言ったり、自軍を情報で謀ったシャアに対し「バカにしやがって!」と悪態をつくなど、およそ原作劇場版)の優等生さはなく好戦的なキャラとして描かれている。

ウルトラシリーズ

原作同様、戦闘において制限時間があるため5ターンえるとカラータイマーが点し、さらに10ターン戦闘不能になってしまう(カラータイマーリセットするアイテムが後に入手出来る)。ガンダムシリーズと異なり、室内ダンジョンでも体をミクロ化させた変身体で戦闘が可。3シリーズの中で一、回復系の技を使用することができる。

おおとりゲン / ウルトラマンレオ
ウルトラシリーズの中では一番最初に仲間になる中心キャラランバ・ラルらの攻撃によって窮地に陥っていたアムロウルトラマンと共に救出し、そのまま仲間になる。

ハヤタ・シン / ウルトラマン
レオと共にジャブローにて一時的にパーティに加入し、その後アムロ宇宙に向かった際に入れ替わりで再びパーティに加入する。オープニングイベントバトルでも操作出来るが本格的に仲間になるのは第3話から。シナリオがある程度進んだ状態での参戦なので、仲間になった時点でレベルが高い。

モロボシ・ダン / ウルトラセブン
原作からの設定で、レオ師匠でもある。第6話で加入した際、カプセル怪獣を召喚できる「ウインダムカプセル」「ミクスカセル」を与えられる。

仮面ライダーシリーズ

Sサイズ装備しか付けられないというデメリットはあるものの、屋内での弱体化や戦闘の時間制限もなく、あらゆる環境下の戦闘にも対応できるため、3シリーズの中で最も扱いやすいキャラと思われる。

山本大介 / 仮面ライダーアマゾン
仮面ライダーシリーズでは一番最初に仲間になる中心キャラ広島ショッカーに襲われ、傷ついて倒れていたところをアムロレオに発見される。大切断やコンドラーでの攻撃など高い火力を持つ。敵の気配を察知しエンカウント率を下げる技「アマゾンコーション」は重宝する。原作とはキャラ若干違い、何があったのか後半ではやたらと饒舌になったり、人間に化けた侵略者に「これでTHE ENDだ!」と言い放ったりする。

南光太郎 / 仮面ライダーBLACK RX
第2話から加入。コンパチヒーローズではお染みのキャラであり、本作の優遇キャラの筆頭。ハードショットロボライダースパークカッターバイオライダー変身する演出がある。

沖一也 / 仮面ライダースーパー1
第5話にてシーブックと共に加入。惑星開発用の仮面ライダーで、歴代の仮面ライダーの中でもどちらかと言えばマイナーキャラではあるが、宇宙舞台となる本作では見事にマッチングしていると言える。巧みな拳法技で敵と戦う。

バンプレストオリジナル

マークハンター
本作のオリジナルキャラクターサーベルとリボルバーライフルを携え、橙色の装甲に身を包んだ巨。高額な報酬と引き換えにどんな依頼も引き受ける賞稼ぎで、ざっくり言うと守銭奴。非常に図々しく悪知恵の働く男であり、の為なら悪の組織側にも付く。一時的に同盟に協するがすぐに離脱、シナリオ後半で正式に仲間に加わる。
「オレの名はマークハンターあんたらとは違ってで動く薄汚ねぇハンターさ」

注意

上記の概要や登場キャラクターだけを読めば、こうしたジャンルに造詣が深い人にとっては夢のようなゲームと言える。ただしこのゲームの実態は、まるで素人がRPGツクール適当製作したような中身であり、ゲームを購入した子ども達の期待を粉々に打ち砕くほどの恐ろしいクソゲーとして現在でも悪名高い。

以下の空白の先は、本作の問題点・批判点等が記述されており、更に多くのネタバレを含みます。
閲覧される場合は、それらをご了承の上、お進みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題点・批判点

キャラクター関連

敵キャラクター

先述のように本作はクロスオーバー作品であるので、原作とは異なる独自設定も多い。それは当然のことであり仕方のないことではあるのだが、それにしてもキャラクターの扱い方に違和感がある作品となっている。

ウルトラシリーズゼットンタイラント仮面ライダーシリーズシャドームーンカニレーザーガンダムシリーズサザビージオングといった、原作において幹部・首領クラスの強敵たちが、量産でもされたのか何故か雑魚キャラとして登場する。その他ガッツ人やクインマンサ、キュベレイなども雑魚キャラであり、ボスキャラの安売りがあまりにも酷い。本作ではシャアネオジオン総帥という重要キャラなのだが、初めは味方サイドクワトロとして存在しておりその後脱走しシャアとなるのだが後にシャアとしての的がわかるとはいえ唐突に感じられる。それなのに敵としてのシャアの代表的な搭乗機のサザビージオング雑魚キャラとして扱われているのは違和感が半端ない。(なおシャアは最後に旧式としか言いようがないシャアザクに乗っていなくなってしまう。)また、仮面ライダーシリーズ死神博士は正体であるイカデビルに変身ボス戦となるが、シリーズ地獄大使は正体であるガラガランダに変身しないままボス戦となり、正体であるはずのガラガランダは何故か雑魚キャラとして出現する。わけが分からない。
ちなみに地獄大使は第2話のボスとして登場する他に、第3話でも寄りをすると戦うことができるのだが、この戦闘時の地獄大使HP限なので倒すことは出来ない所謂負けイベントとなっている(しかしながらHP以外は雑魚キャラに毛が生えた程度の強さに設定されているため、負けイベントだと気づくのに遅れてしまうプレイヤーは少なくなかった)。この負けイベントが終わると、以降地獄大使は何故か一切登場しなくなり、その一方で初期のイベント爆死したはずの暗大使は何の説明もなく然と再登場する

ボスキャラの安売りが散見される中で、彼らをさしおいて何故かザンジオーが中ボスとして幾度となく登場してくるザンジオーも仮面ライダーシリーズ初の劇場版オリジナル怪人であり「エリート怪人」という立な肩書きはあるものの、だからといって前述のキャラ達をさしおいて中ボスとして幾度となく登場するのはあまりにも違和感がある。しかも特に因縁がある描写もなく、倒す度に言で爆死する中ボスである必然性も感じられず、単に使い回しされているようにしか見受けられない。

ザンジオーに限った話ではないが、本作のボスキャラは総じて無言爆死することが多い

色違い増しされている敵キャラなどもいるのだが、ズサは「ズサ」という名前なのに、バウは「バウ」とそのままだったりして名前の付け方に一貫性がない。バウノーマル色であるの他にの計4種類出現するのだが、どの名前も「バウ」で統一されてしまっている。予算のかからない部分なのに手抜き感が半端ない。
サイコガンダムMk-IIの名前も「サイコガンダム」とされており、Mk-IではなくわざわざMk-IIを登場させておいて何故名前を簡略化するのかがよく分からない。やたらとグラフィックは大きいものの雑魚キャラであり、見たと違って攻撃が低いので全く強くない。しかしHPだけは駄に多く、そして何故か逃げられない

味方キャラクター

本作のキャラの不遇さや原作レイプとして最も話題に上がるのが、仮面ライダー2号こと一文字隼人の扱いである。コミックボンボン増刊号に載っていた漫画で描かれ本編でも断片的にられる本作の前日譚で彼はショッカー秘密基地マークハンターと共に壊滅させるのだが、ジャブナの基地において情報ヒーローに伝えるためマークハンターって逃がしたで捕われてしまい、洗脳改造を施され、「ライダーキラー」として同盟の前に敵として立ちはだかる。
初代『仮面ライダー』においてダブル主人公の一をなし、『仮面ライダー2号』の主人公としても人気の高いキャラであるが、本作では彼は絶対に元に戻らないに挙句その後はにも触れられないまま行方不明になってしまうのである。(よく死んだと勘違いされているがそれは某レビュー攻略サイトが勝手に解釈したものが広まっていったものであり実際はターンすれば勝手に終わるイベント戦の後敵が逃げる時にも死ぬときにも使われるワープするかのような音のためどちらかというと逃げる時に使われることが多い。)効果音を鳴らして言でいなくなってしまいからも生死についてなどは触れられないまま出番が終わってしまったのである、いなくなる時の効果音が敵が逃げる時にも死ぬときにも使われるのも死亡説の原因であろう。アムロゾフィーストーリー中に洗脳されはするものの結果事に助かるため、ライダー2号を何故このような扱いにしたのかスタッフの思いが分からない。しかも死んだのなら彼が身を挺して助けたマークハンターに殺されることになるのである
このライダーキラーとの戦闘はマークのみを使っての一騎打ちであり、自身を改造されてしまった2号ライダーを、せめてマークが自分の手で倒すことによって借りを返すとも取れる悲哀に満ちた場面である(が、実際は何もしなくても数ターンで戦闘が終わってしまうのだが…)。ライダー2号及びヒーロー達に向けてのマークの中々に格好いい台詞などもあり、一応の名シーンではあるのだが、やはり仮面ライダーシリーズファンからすれば憤りを覚える場面でもある。また、マーク自体もここまで「節操のない守銭奴」というかなり下衆なキャラクターとして描かれているため、それも相まってユーザーからは最も非難のが多い部分となった。
このライダーキラー戦は上記の通り数ターン経過すると強制終了し、ライダーキラー言のまま爆死などもせず画面からフェードアウトしていく。なので正確に死亡した描写があるわけではないのだが、だからといってこれ以降再登場することもなければ主人公達も敵も特に何のコメントもしないため、本作随一の不遇キャラとして扱われている。
ただ他のキラーと違いこのようなイベントが設けられているということ自体が逆にある意味優遇されているという考えも出来る。
というのもガンダムキラーは当初はパイロットが不明で機体色からシャアパイロットとも疑われたことがあったのに正体に関する何のイベントもないままなぜか味方にパイロット洗脳されたアムロと知られている扱いになっている洗脳が解けて味方に合流するシーンでは一人で特定の場所にたどり着く必要があるのにイマイチ合流しても特に合流に関するイベントはなくそのまま別のイベントが発生する、その後ようやくパーティ自由編成できるようになってもイマイチガンダムキラーだけは固定のままシーブックのように別のMSへの乗り換えもできない。
ウルトラキラーイベント戦闘ばかりで最後の出番も下記のように実質的なラスボスを倒した後
ライターが出番を忘れていたのかのごとく唐突に出現し前回出てきた時と同様にとある特殊アイテムを使うと即終了するイベント戦闘が最後の出番でそのまま洗脳全に解けてゾフィーに戻る。
全員碌な扱いをされていない、ヒーロー洗脳する意味もそもそもこのようなキャラクターを出す必要も全く感じられないのである。
さらにこのゲームでは敵の攻撃アニメがないためオリジナルキャラクターの彼らは味方として使用できるガンダムキラー以外はどのような攻撃をしていたかがバトルドッジボール2に参戦するまで不明のままであった。

機動戦士ガンダムZZ』の主人公ジュドー・アーシタも登場するが、彼は何故か戦闘中何もせず突っ立っているだけで扱いは全にモブのそれである。また、何故か途中のイベントで当初のパイロットアムロを差し置いて破壊されたはずのF91に搭乗している

ご存じブライト・ノアアムロ達の指揮官として登場する。初代『機動戦士ガンダム』の頃より複数の作品で主人公の乗る母艦の艦長を務めたり、第二次ネオジオン抗争では地球連邦軍の旗艦ラー・カイラムの艦長兼艦隊まで務めた歴戦の軍人であるが、彼のグラフィックは一般兵と同じであり、専用グラフィックすら用意されていない

OPにはガンキャノンアレックスなどのヒーローが描かれたイラストが出てくるがゲーム本編には出てこないキャラがいる。

シナリオ関連

本作のシナリオは有り体に言えば破綻している。それどころか内情が何もられないまま話が進んだりするため、破綻してるのかすら分からない時がある。また、世界観に合わない頓な発言をするキャラクターも多い。

ゲーム開始直後のOPイベントにおいて、アムロガンダムF91に搭乗し基地内に侵入してきたモビルスーツと戦闘になる。このアムロは戦闘前に「大尉」と呼ばれているので恐らく『逆襲のシャア』の頃の設定となっており、そのアムロF91の組み合わせは分かる人からすればその強さはチート級と言っても過言ではない。基地内に侵入したモビルスーツザクグフであり、F91べればあまりにも性差がある上に先述設定のアムロが搭乗しているとなれば負けることはまずないのだが、あろうことかF91ザクグフの通常攻撃により1ターン殺されてしまう、このゲームの初戦闘が負けイベントなのである。出撃前にメカニックが「(F91は)まだ整備中です!」と言っていたり、こちらは1機に対し敵は3機と多勢ではあるのだが、だからといってザクグフの通常攻撃でF91が速攻でやられるのはあまりにも違和感がある。その直後、ウルトラマンウルトラマンレオゾフィーが助けに入り再度戦闘になるが、マンとレオは戦ってくれるのに何故かゾフィーだけは戦ってくれない。確かにゾフィーパーティキャラではないものの、場面的にゾフィーが戦闘不参加なのはおかしな話である。さらに、この時はグフ視してザクを倒せば戦闘が終わるのだがそれを知らずにグフを攻撃し続けると差とウルトラマンキャラ固有システムのせいでゲームオーバーになってしまう、ゲーム二回の戦闘でこれである。

コロニーが落下したり人口が減したり地球が汚染されたりと世界観は重いのに、の人々は皆気に世間話ばかりしていて悲壮感や緊迫感がないを一歩出れば(原作ではボスキャラレベルの)宇宙人怪獣が暴れ回っているような世界で「UFOなんて居るわけがない」だの「キャトルミューティレーション宇宙人の仕業だと聞きますが本当なのでしょうか?」などの台詞を言い放つ。それどころか、コロニーの廊下に敵のモビルスーツが現れるほど侵略されているにも関わらず「このコロニーは平和で退屈だね」など常軌を逸した発言をするすらいる。ちなみに人類カウンターをわざと0%にすることも出来るのだが、したところで地球の様相は一切変化ないしエンディングメッセージ以外はストーリーの進行上何の問題もない
また、後半に入手できるアトミックボムという強アイテムを使うと核で地球が汚染されたことを表現したのか地球カウンターが減るが宇宙コロニー内で使っても地球カウンターは減ってしまう。逆に人口パラメータに関しては人がいるコロニー内で使っても人口は一切減らない。原作ガンダムシリーズでこのようなことをすればコロニー内の人は全滅してもおかしくないのだが…

第2話を終えると突如、「人類が敵にこうふくした!ヒーローたちはもはや人間の協をえられない!」といったメッセージが現れる。読んで字の如くの展開なのだが、何故突如として人類は降伏したのかという説明は一切ないし、ここまでに伏線の類もない。この急な展開に置いてけぼりになるプレイヤーに、の住人達は「どうしてくれるんだ!この人殺しめっ!」「『同盟』なんて死んじゃえばいいんだ!」など、あれほど気だったにも関わらず罵詈雑言のを浴びせてくる。そんな汚い言葉を吐いてくる住人達の会話ウィンドウに表示される名前は「素敵な看護婦さん」や「魅的なお姉さん」だったりで、この「素敵な」などの評価は一体からのものなのかさっぱり分からない。
そもそもこのゲームは、必要な説明や情報・演出が圧倒的に不足しており、情勢の急な変化やキャラクターの突飛な行動などが前兆もなく多発するため、プレイヤーは展開について行けず置いてけぼりになりやすい。この人類降伏宣言、実は各のニセ首相によって工作されたでっち上げということが後に判明するのだが、元々地球連邦軍は機停止状態でヒーローばかりが戦っている世界観なので、唐突な人類降伏展開に狽したプレイヤー工作の件が明るみになる頃には「まぁあの状況じゃいつそうなってもおかしくはなかったかな」など、各々の見解で既に納得していることもあるためやはり説明が遅すぎる。ちなみにこの降伏状態はゲームの進行にも影しており、通常の雑魚戦やボス戦以外のイベントバトルを起こすと人類カウンターが減少する仕様になっているのだが、例によってその説明はない
そして本物の首相たち(本物にもかかわらずヒーローへの態度が悪めだが…)から真実を知らされ降伏状態から解除されると一般民衆は「初めから信じてたよ」的なことを言って手のを返してくる、上記の発言をしていたような人物でもこのようなことを言うので民衆を守りたくなくなったプレイヤーたちも多数いたであろう…

ショッカー軍団はヒマラヤ山脈を噴火させようとしているが、そもそもマラヤ山脈は火山ではない

『住人から「(民家の中から)変な音がするから調べて欲しい」と頼まれ赴いてみたところ、突如床が抜けて地下に落ち、なんとその先はショッカー基地の室だった!』という、冗談みたいな展開が実際に起こる。なお民家の住人は本当にただの一般人であり、別に敵のというわけでもない。ボスである地獄大使く、「この辺りは予想以上に地盤が弱かったようだな」とのことで、基地を設営するにあたって何故地盤ぐらいしっかりと調べておかなかったのか、そもそも何故外に音の漏れるような設計で民家の直下に設営したのか、など、ツッコミ出すとキリがない。

四国面積北海道よりも大きい。しかも人口が6億人と実際の日本の人口よりも多い

本作の黒幕は「エージェント」というオリジナルキャラである。エージェントの話によると、「50億年前に宇宙全体の調和を的で作った装置「システム」が人類の進化を不適合と判断したため、運命を操って正義と悪の勢を戦わせ、それにより発生する破壊エネルギー50億年間溜め込んだエネルギーを用いて全人類を滅ぼそうとしている」とのことであり、このエージェントはそれを遂行するためのロボットだと思われる。ちなみに黒幕であってラスボスではない。
エージェントとの戦闘は何度かあるものの全に倒すことは出来ず、終盤の戦闘で勝利すると突如ラストダンジョンへと飛ばされる。ダンジョンの最部には例のシステムが鎮座しており、その後システムとの戦闘が始まる。システムに勝つとエージェントは不穏な言葉を残して消え去りエンディングを迎える…と思いきや、その後洗脳されたゾフィーことウルトラキラーが現れまたもや戦闘になる。そのあまりに禍々しい造形から、しもシステムラスボスだと勘違いしてしまうのだが実際はそうではない(ただしストーリー上残りの戦いが消化試合的な扱いのため実質的なラスボスシステムだと言える)。
このゾフィー過去イベント洗脳が和らいだかの描写の後、話的には放置されたままだったのに唐突に出現してきて例によってその説明は一切ない。対してゾフィーごちゃごちゃうるさいヤツらだな!」と、シナリオの破綻や疑問などを全て一蹴し戦闘をふっかけてくる。この戦闘は洗脳を解くためのアイテムを使えばあっさり正気に戻って戦闘終了となるイベントバトルであり、「こんなにあっさり終わるのであればシステムとの戦闘順を逆にした方が最終決戦としては相応しかったのでは?」と思えてしまうほどに中身がない。
そして正気に戻ったゾフィー案内の元、主人公達はラストダンジョンから脱出を試みる。だがこの中で突如ヤプール人が現れまたまた戦闘になるのだが、実はこの戦闘こそがストーリー上形式的な最後の戦闘であり、つまりこのゲームの形式的なラスボスヤプール人ということになってしまっている。しかもこのヤプール人雑魚敵同然のステータスなのであっさり勝つことができ、そもそも何故ここに居るのかという説明もないまま恒例の無言爆死を決める、一応倒してダンジョンを脱出するとラストダンジョンを作成・維持していたのはヤプール人によるものであったとの説明がゾフィーからされるが唐突なのには変わりがない戦闘前に「き、きさまら……なにものだ!?」と狽するヤプール人だが、それはこっちの台詞である。

敵組織が内部抗争や外部勢によって勝手に滅ぶことが多い。ジオンショッカーシャア率いるネオジオンに滅ぼされ、そのネオジオンも何の説明もなく突如現れたクロスボーンバンガードによって勝手に潰される
宇宙人に至ってはいつ滅んだのかすら分からない、というより、滅んだかどうかも定かではない宇宙人中ボスメフィラス星人バルタン星人マグマ星人などの幹部がいるがリーダーは不明。リーダー不在で本作黒幕エージェント操られていたか、ラストに通りがかりで戦うヤプール人が実はリーダーだったか(原作では宇宙怪獣を使った改造生物を作ったり、また一応本作のラスボスではあるので)、あるいは洗脳されたゾフィーことウルトラキラーが「同盟を含む地球の組織同士を潰し合わせ黒幕も倒れて漁夫の利で全勢トップになる」的なことを言うので実はゾフィーリーダーだったか、いずれにせよ全くもって組織構造が不明である。

戦闘関連

本作はランダムエンカウント方式の戦闘を採用しているが、そのエンカウント率が異常なまでに高い。酷い時は1歩進むだけでエンカウントが発生する。救いとしては、戦闘後にHPゲーム内では「根性」と表記)は自動回復する。ただし何故かMPゲーム内では「技量」と表記)は回復されず、マップ上にあるストーンサークルアイテムなどを使用して回復をしなければならない。

登場する敵キャラは、基本的に単体対の通常攻撃しかしてこないキュベレイファンネルを出すこと以外どの敵は通常攻撃のみ)。見たこそ重火器を装備していたりするものの、一部の雑魚ボスも最初に仲間を呼んで以降は通常攻撃一辺倒の機械と化す。ラスボスすら単体通常攻撃しかしてこないため戦略性ももなく、有志の解析により、敵は同じ味方を連続で攻撃することが出来ない仕様になっていることが判明している。
こちらの攻撃は通常技と必殺技があるのだが、通常技でもMPを消費する。しかも通常技は出る技が何故かランダムであり、出したくもない強な技が出た場合は勝手にMPが多く消費され、しかも4割くらいの確率ミス必殺技に関してはほぼ必中だが、当然通常技よりMP消費量は多い。なお、先制攻撃が発生した場合はオート戦闘になるため、勝手に強な通常技を放った挙句振りしてターンMP駄にするという斜め上な現も起こりうる。

上記のように戦闘はとにかく単調であり退屈でしかないのだが、後に手に入るとあるアイテムがあまりにも強過ぎるため、単調さに更に拍をかけてしまっている
ギラカプセル」という、使用するとカプセル怪獣ギラが現れ代わりに攻撃をしてくれるアイテムがあるのだが、このアイテム必中攻撃、敵防御視、高ダメージ1ターン中に何度も使える上に何度使用しても消費されないというぶっ壊れ性を備えており、詰まるこのアイテムを連投していれば大抵の戦闘には勝ててしまう
このアイテムは2話の隠しシナリオで手に入るものであり、チートアイテムだと感じるプレイヤーは手に入れなければいいだけなのだが、元々の戦闘が退屈すぎるので少しでも快適なプレイをしたければ必ず入手すべきである。また、終盤にはギラよりも強い「ウインダム」と「ミクラス」のカプセル怪獣必ず手に入るため、アギラカプセルの入手を故意に避けても意味に終わる(それでも使いたくない人は使わなければいいだけなのだが)。
カプセル怪獣の攻撃は「ミクラス>ウインダム>アギラ」の順に強いのだが、ウインダムミクラスは同時に入手するためウインダムを使うメリットが全くなくなってしまっている。ちなみにこれらよりも強な「セブンガーボール」というものがあるのだが、攻略本にも記載されゲームデータにも存在するのに本編では絶対に入手出来ない

屋内ダンジョンに入る際、モビルスーツは大きさの理由でそのままでは入れないため、アムロシーブックはプチモビに乗り換える必要があり、それにより通常時より値が減少する仕様になっている。これはガンダムの大きさを考慮した上での仕様であるが、そもそもキャラSDなのだからそんなリアリティは必要ないし、それならば普段の戦闘画面でライダーガンダム達と同じ大きさなのもおかしなことになる。それでも仕様だからと不満を飲み込み、大人しくプチモビでダンジョンに入ってみると、敵は然とモビルスーツモビルアーマーに搭乗したまま現れる

システム関連

先述したように、本作は「人類」と「地球」というカウンターの数値が設定されており、ストーリーが1話進む毎にカウンターの数値は必ず減少する。その中でさらにプレイヤーの行動や選択肢によって減少が抑えられ、最終的な数値でエンディングが変化する。マルチエンディングと言えば聞こえはいいものの、実際はゲームの一番最後に出てくるテロップが変わるのみで、ラスボス撃破後からテロップ表示までの演出はどのEDも一切変化がない
カウンターの初期値は人類が9475万、地球95%となっている。人類は6502万以上、地球77%以上で最高評価を得られベストエンディング(のテロップ)を拝めるのだが、スタッフが強制イベントによる減少か戦闘が起きるたびにカウンターが減る時期の計算を入れ忘れたのか、通常のプレイではどうやってもベストエンディングには到達できないようになってしまっている。有志の解析により計算上ギリギリ最高評価を得ることは出来るらしいのだが、途中でエンカウントする度にカウンターが減少する時期があったりするため、エンカウント地獄のこのゲームにおいてはチートTASでも使わない限り不可能に近い

進行上次の的地の名前は教えてもらえるものの、それがどこにあるのかまでは教えてもらえない。このゲームにはマップというものが存在しないため、地上と違い印など何もない広大宇宙を当てずっぽうにひたすら探索することになる。ただし地上でも世界地理に詳しくなければ結局はひたすら歩き回るハメになる。

ストーリーが進行し人口が減少していくと人の部屋や建物などがどんどん増えていくのだが、そもそもこのゲームは所謂ダミー部屋や建物が妙に多い。一人として人が居ないビルや、1フロアにしか客が居ないホテルスミスさん不在の「スミスさんのなど、間で溢れかえっている。
マップも使い回しが酷く、どこも同じような部屋や色が広がっている。ダンジョンも同様に使い回しばかりで造りが非常にチープであり、意味ありげな階層に一つとして意味のあるものがなかったりすることがザラにある
ダンジョン虚なもう一つの理由として、このゲームには宝箱が存在しない。それにより探索や寄りメリットが薄く、ダンジョンでなくとも民家の本棚などの定番のオブジェクトも調たところで何の反応もない。寄りをすることで見られる意味深イベントや先述のアギラカプセルなどが手に入る隠しシナリオなども確かにあるのだが、それらが特異なだけで足を延ばしてもそれが駄足になる確率の方がかに高い。

アイテムは買うことは出来ても売ることは出来ない。購入の際も「はい」「いいえ」などの確認項が用意されてないので、一度でもアイテムクリックしてしまうと即購入となる。そして購入には当然お金が必要なのだが、このゲーム宝箱などが存在しないので敵を倒して落とすを集めるしかない。また、装備品のパラメーターが表示されないので、装備して見べないとどういう性なのかさっぱり分からない

戦闘終了時に「アイテムを手に入れた」と表示されることがあるのだが、この時に一体何のアイテムを手に入れたのかまでが表示されない。元々持っているアイテムの個数など覚えているわけもなく、新しいアイテムでもない限り何を手に入れたのかがさっぱり分からない。仮に所持アイテムを細かくメモしていたとしても、アイテムを手に入れた」と表示されるだけで何も手に入っていない現が起こったりする

BGMループが短く単調で、同じダンジョン内でもマップを移動する度に最初から流れ出す。戦闘BGMも盛り上がりに欠け、終盤まで雑魚戦もボス戦もBGMは一緒であり、終盤に初めて流れる曲を含めると2種類しかない

その他

チノ」「カニミノラ」「モチミノラ」という人名が出てくるのだが、これをキーボードのかな入で打つと…

余談

本作の評判は当時から散々なものであり、発売当時にKOTYが存在していれば大賞になってもおかしくはない作品であったと言える。ただしこのような作品でも黒歴史として闇に葬られているわけではなく、スタッフ側には一定の思い入れがあるらしい。スーパーロボット大戦シリーズプロデューサーである寺田貴信氏は、『スーパーヒーロー作戦』を練り上げる上で原となった作品が本作であることを攻略本インタビュー等で述べている。そのため、『スーパーヒーロー作戦』の自軍部隊の名前は「ガイアセイバーズ」となっている。
また、2010年2月25日に発売された『無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ』では、今作のオリジナルキャラであるマークハンター事前告知なしの参戦を果たすというサプライズもあった。その他、スーパーロボット大戦α』の年表ではかつてガイアセイバーズが存在していたという記述があったり、『第2次スーパーロボット大戦OG』ではガイアセイバーズ自体が登場している(ただし敵組織)。

コンパチヒーローシリーズポータルexit』(コンパチヒーローシリーズ歴史が年表で描かれている)

漫画版

コミックボンボン』にて1993年12月号から1994年2月号まで掲載されていた。作者はときた一。単行本化はされていないため、現在では読むことが非常に困難な作品である。内容はカミーユシロッコとの戦いとその結果カミーユ精神崩壊する様子や、マークハンター仮面ライダー2号アジトに潜入する場面など、断片的にられていたゲーム本編以前の話が描かれている。その他、ゲームに直接登場しないウルトラマンタロウ仮面ライダーV3ジュドー・アーシタなどが登場し、戦う描写も見られる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%20%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦

87 ななしのよっしん
2018/07/18(水) 20:59:33 ID: vqaDDAzDH/
ガンダムキラーに至ってはOGどころか版権スパロボアムロの乗機にできそうだよな
ファンネルに高出キャノンに大ビームライフルって武装構成だからアムロとも相性ピッタリだしただでさえ宇宙世紀は機体ダブつきがちだしな
88 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 08:38:44 ID: moksFvve4k
版権キャラをオリ機体に乗せるとか正気か
89 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 08:49:02 ID: 7KgbyZxp23
昔のコンパチではよくあったけどね 版権キャラをオリ機体に
ドン・ザウサーがライグ・ゲイオスに乗ってたり
シャピロヴァルシオンに乗ってたり・・・
90 ななしのよっしん
2018/08/22(水) 12:25:46 ID: gHT3an9xE2
>80アレだが、キャラセリフ原発批判してたり
人類は滅んだ方がいい的な終末思想もってたり
東京にやたら敵愾心もってたり、一部スタッフ私物化されてた可性は高そう
91 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 04:31:03 ID: Rau3/LnUJq
確か敵勢に降伏した政治家全員怪人だったんだっけ
92 ななしのよっしん
2019/01/28(月) 19:49:31 ID: rD+OHh5tFA
発売から25
93 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 21:16:32 ID: 9E8Eq/Gjq7
実況見たけどこのゲームは本当に酷い。クリア出来る分まだヨンパチとかたけしの方がマシなんじゃないか?
94 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 02:03:46 ID: mF61BppsK1
ガイアセイバーから転送されました。
>>azB06ZZH8VXDexit_nicoichiba
95 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 01:34:06 ID: LIImHfLD0J
ジオウマンホールの蓋が推されていたのを見てまずコレを思い出した。
96 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 12:25:31 ID: ekzyEuHyE5
当時はこんなつまらないゲームがこの世にあるのかと子供ながらに衝撃だった
地獄大使あたりで時間の無駄だと気付いてやめたけど、大人になってから見るとより酷さが分かるなこれ