今注目のニュース
クロちゃん、チーズドッグを頬張ったら… 「予想の遥か斜めをいく展開」
『ポケモンGO』プレーヤー同士がトラブルに… 「みっともない」の声相次ぐ
「FGO」やボカロ、懐かしのアニメヒロインまで!梅雨の「レイパラ」で見つけた美人コスプレイヤー大特集

沖縄戦単語

オキナワセン

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
加筆依頼 この項は内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。
加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

ただし既にこの記事の方が総務省の「全戦災史実調報告書」より詳細です。

沖縄戦とは、太平洋戦争/大東亜戦争における沖縄戦場にした日本軍と連合軍(ほとんどアメリカ軍、一部イギリス軍)の戦闘である。

本記事での日付について

この記事では、年を省略した日付は特に断りがければ1945年す。

概要

狭義では1945年3月1日沖縄爆撃3月23日沖縄爆撃3月27日の慶良間諸米軍上陸、4月1日沖縄本島米軍上陸から6月23日牛島満自決によって沖縄日本軍の組織的抵抗が終了した期間をす。ただし、それ以前に起きた1944年8月22日対馬丸撃沈や、1944年10月10日沖縄襲を含めることも多く、降伏調印式は9月7日である。

沖縄戦のあまりの惨状は「の暴」「暴風雨」「ありったけの地獄を集めた」と言われるようになった。米国原爆投下正当化論では沖縄戦の犠牲の多さを根拠の一つにしている。

連合軍側の作戦名は「アイスバーグ(氷山)作戦

なお沖縄戦の特徴を表す端的な表現として戦後長らく「一の地上戦」が使われてきたが、正確な表現ではない。現在日本領でないが当時は日本領であった北海道占守における「占守島の戦い」や樺太全域における「樺太の戦い」があり、また現在日本領である東京都硫黄島における「硫黄島の戦い」もあるからである。このため「一の地上戦」という認識は必ずしも正確ではない。

疎開、対馬丸撃沈

1944年7月7日サイパン守備隊が玉砕すると南西諸での戦闘が確実となってきた。

日本政府は緊急閣議を開き、南西諸の老幼婦女子10万人の疎開を決定し泉守紀沖縄県知事へ示した。戦闘及び労働がある壮年、警防団、医師の疎開は原則として認めなかった。

もっとも知事自身が疎開に消極的だったこと、複数の飛行場建設に県民が動員され人手不足だったこと、家族が離ればなれになること、内地での生活することの不安があること、日本が南西諸の制権を失っていたことは沖縄県民でも知れ渡っており上の方が危険だと疎開をう者が多かったことにより疎開はあまり進まなかった。

そうした最中に1944年8月22日九州へ向かっていた学童疎開船「対馬丸」がトカラ悪石島付近で米軍魚雷により撃沈してしまう。乗船者1661人のうち、1484人が死亡した。「対馬丸」撃沈は沖縄県民を含む日本国民には秘密にされた。

後の10・10襲で沖縄県にいても危険だと実感した県民が増え、以降は疎開が増加した。

10・10空襲(十・十空襲)

1944年10月10日に南西諸各地、特に沖縄本島都市、飛行場、港湾とが5回にわたって米海軍艦載機による襲を受けた。この襲により非戦闘員を含む少なくとも668人が死亡、旧那覇市では90屋が焼失するなど大きな被害が出た。

米軍は同時に地上写真を撮影して後の上陸戦に向けて情報収集も行ったようである。

1971年に復活した那覇大綱挽の開催日は体育の日に合わせたのではなく10・10襲の日に合わせたものである。

慶良間諸島上陸

1945年3月17日硫黄島が陥落したことにより米軍は本格的に矛先を南西諸へ向けることが出来るようになる。

3月23日~24日に米軍襲と艦砲射撃で慶良間諸を攻撃し、26日には座間味、慶留間、27日には渡嘉敷に上陸した。

座間味では135人、慶留間では数十人、屋嘉では約10人、渡嘉敷では330人が強制集団死・集団自決に追い込まれた。集団自決の原因としては「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦訓に代表される日本政府・軍の戦訓で降伏よりも死を選ぶ者が多かったこと、降伏した後に日本が勝ったらスパイとされてしまう恐れがあったことが挙げられるが、軍による強制もあったという言もある。

沖縄本島へ上陸

4月1日には米軍沖縄本島西海にある読谷村渡具知へ上陸、地上での持久戦に持ち込む方針だった日本軍はこれ攻撃せず米軍はその日のうちに読・嘉手納の両飛行場を占領した。あまりにすんなり上陸できたことから米軍兵士は「エイプリルフールか?」と不思議がったという。

4月3日には米軍沖縄本島東海湾に達し日本軍は南北に分断された。

4月5日には軍軍政府布告第1号「権限の停止」(通称「ニミッツ布告」)を布し、米軍占領地の沖縄住民に対して日本行政権が停止されたことを通告し軍政を敷いた。

4月21日には米軍沖縄本島北部とを制圧し沖縄本島南部攻略に専念できるようになった。

5月4~5日に日本軍添・西原米軍へ総攻撃を仕掛けるが敗北日本は約5000人、米軍700人が戦死した。

日本軍牛島満官率いる第32部が首里城地下に掘った壕で持久戦の構え、大田少将率いる沖縄方面根拠地隊が小地区に掘った壕に籠もることにした。米軍5月に首里をし進撃、安里で苦戦するも5月18日には占領、これを受けて官は5月22日に摩文仁方面への撤退を決定する。米軍5月29日が撤退した首里に突入、5月31には握した。

米軍6月になると小6月7日日本海軍部壕を攻めるが日本軍は耐えきった。米軍シェファード少将は南・南東からの攻撃に作戦を切り替え6月10日~11日に総攻撃、死地に追いやられた日本軍は猛反撃し米軍へ首里戦線以上の損を与えるも、6月13日大田少将らが自決し決着した。

6月11日付でに官はサイモン・ボリヴァーバックナー中将から降伏勧告を受けるも黙殺。6月18日バックナー中将栄里で戦死(1954年大将に昇進)、狙撃されたとも弾の破片を浴びたとも諸説ある。2016年現在米軍史上において最高位の階級での戦死である。6月23日官、長勇参謀長が摩文仁で自決。これによって日本軍の組織的戦闘は終結した。この6月23日は後に沖縄県で「慰霊の日」となった。

残念なことに沖縄戦全体の民間人の犠牲は日本軍敗北の戦局が決定的になった首里陥落以降の方が多い。日本軍民間人を守る余裕がいこと、軍に付いていった方が安全だと信じた住民が多かったこと、「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦訓に代表される日本政府・軍の戦訓で降伏よりも死を選ぶ者が多かったこと、事前の疎開が追いつかなかったこと、官ら現地軍も東京日本政府・大本営も徹底抗戦にこだわったこと、バックナー中将も強硬すぎたこと、バックナー中将戦死で海兵隊暴走差別虐殺に走ったこと、などが原因と考えられる。

官が徹底抗戦すべきと解釈できる命自決直前に出したこともあり、この後も散発的な戦闘は続いた。

7月2日米軍沖縄作戦の終了を宣言。

日本軍の武器弾薬米軍からの補給路の遮断により、最初から乏しく、軍人も民間人も壕や洞窟(ガマ)、甲墓(本土の墓と違い内部に広い間がある)に隠れてにこっそり外へ出る生活を余儀なくされた。に外へ出る者はが必要だった。そうしないと死体を踏んでしまうからである。闊に外へ出られないため壕などの中は排物の処理も出来ず死体の埋葬すら困難なため衛生状態は悪く悪臭がきつかったという。

兵も甲墓には手を焼き「墓と戦争をしているようだ」と言わしめた。対処に困った米軍は壕や洞窟爆薬ガソリンを投げ入れ、火炎放射器で焼き、出てきた人間差別に射殺する戦術に出た。沖縄の人々はこれを乗り戦法と恐れた。

ひめゆり学徒隊

沖縄県立第一高等女学校沖縄模範学校女子部から生徒222人・教師18人が南風原の沖縄陸軍病院へ動員された。

沖縄県立第一高等女学校には校友会誌「」、沖縄模範学校女子部は校友会誌「百合」があり、二つの校友会誌が統一された際に「百合」と名付けられた事に由来して「百合学徒隊」と呼ばれた(平仮名表記が流になったのは戦後)。

首里放棄後は軍と共に摩文仁へ南下。6月18日に解散命が出るが、その後の戦闘自決により最終的に動員されたうち生徒123人、教師13人が死亡した。

伊江島上陸

には日本軍2700人(うち約1000人はから招集)、住民は外避難した約3000人を除いて約3000人がいた。

4月16日米軍が上陸し、4月18日にピューリッツァー賞受賞者の従軍記者アーニーパイル氏が日本兵に狙撃され戦死。4月21日には米軍が制圧。

米軍によれば日本兵を4706人殺したつもりが軍服を着た民間人だったというケースがあまりにも多く、1500人をえたという。

建物は質屋だけを残し全て破壊された。その質屋は弾だらけのまま現在も残っている。

犠牲者数

人口約59万人(1944年;後の県外疎開で沖縄戦開始時には42万~50万人に減っていたはずである)の沖縄県日本軍11万6400人(沖縄出身含む)と米軍548000人が交戦した。犠牲者数は沖縄県援護課によれば20万0656人(日本18万8136人、うち沖縄県出身者12万2228人(一般人9万4000人、軍人・軍属28,228人)、他都道府県出身兵 6万5908人、アメリカ1万2520人)だが、ここでは戦病死や餓死が含まれていないようである。沖縄県平和祈念公園内「平和の礎」には籍問わず24万1336人(2015年6月23日現在)の戦死者の名前が刻まれている(ただしこれは満州事変から終戦までの沖縄県出身戦死者を含んでいる)。

戦艦大和撃沈

詳細は戦艦大和の記事参照。

大和沖縄に乗りあげて台としてアメリカを迎え撃つ」天一作戦として4月6日戦艦大和沖縄へ向けて徳山港を出港するが、途中の坊ノ岬米海軍58任務部隊の艦載機による猛攻撃を受け撃沈した。

日本側の戦死者は伊藤整一中将(死後、大将)、有賀幸作大佐(死後、中将)ら3721人に上った。

アメリカ側は艦載機10機、戦死者12名。

特攻隊の活躍

詳細は神風特攻隊の記事参照。

沖縄戦でも神風特別攻撃隊による攻撃が実行され、米海軍の損の多くは特攻隊によるものが占める結果となった。

戦艦大和と運命を共にした伊藤整一大将息子伊藤中尉沖縄域で特攻作戦で戦死している。

石垣事件

石垣陸軍航空兵捕虜3人が処刑された。関係者は戦後GHQによって戦犯裁判にかけられた。

日本政府が捕虜待遇に関するジュネーヴ条約を批准しなかった結果起きた、双方にとっての悲劇である。

久米島守備隊住民虐殺事件

詳しくは久米島守備隊住民虐殺事件参照。

久米島では6月23日の組織的戦闘終了後、鹿山正兵曹長率いる日本海軍通信隊・守備隊が「降伏勧告書」を持って来た民にスパイ容疑をかけ殺する事件が起きた。最終的に5件の犠牲者だけで22人。一説では29人。

八重山疎開・八重山マラリア

八重山諸に来た日本軍3月頃から軍施設の建設と食糧確保のために各民を石垣北部や西表へ疎開させた。畜は敵の食糧にしないためという名でほとんどが処分されたが、実際には一部が日本軍の食糧として流用された。

当時の石垣北部や西表現在と違ってマラリアの危険が極めて高い土地であった。疎開先で民は次々とマラリア患、抗マラリアも最初から不足していた。帰後もマラリアを持ち込んでしまったことで戦後被害は続いた。農繁期の疎開、事前畜処分による飢餓も重なり八重民は苦しむことになる。

八重山諸全体の人口は約3万人だったが、このうち1万6000人以上がマラリア患し3647人が死亡する大惨事となった。

山下虎雄と自称する軍人の脅迫で西表へ全疎開した波照間出身者は特に犠牲者の割合が多く、民約1500人のうち90%以上がマラリア患、死亡者は477522人にのぼった。西表南風見田には波照間民の強制疎開・マラリア禍の記憶のため「忘石 ハテルマ シキナ」と刻まれた石碑がある。

疎開が軍命によるものかが曖昧だったため、戦後になって国家補償で問題が起きることとなる。

八重山平和祈念館展示問題

1999年石垣に建っている八重平和祈念館の展示内容のうち、沖縄県の要請で「西表への軍命による強制退去」から「避難命」に書き換えられるなど旧日本軍責任が軽くなるような展示へ変えられていたことが判明した。

文化への影響

首里城

首里城は10・10襲の被害は免れた(当時は首里内であり旧那覇市に含まれていない)。しかし日本陸軍第32軍が首里城部を置き5月の攻防戦を繰り広げたことで、首里城だけでなく守門など周辺の史跡も所蔵文化財・工芸品も巻き添えとなり破壊し尽くされた。

1958年に守門が再建、1992年首里城が再建された。

鉄道

詳しくは沖縄県営鉄道の記事参照。

沖縄本島には鉄道路線があったが、全て沖縄戦で破壊され、戦後も復旧しなかった。

2003年に新路線で沖縄都市モノレールゆいレール)が開業した。

音楽

沖縄では戦後になって平和戦争テーマにした曲・歌が多数作られることになる。

泡盛

泡盛作りには発酵過程で麹菌を用いるのだが、戦争で失われてしまった。戦後間もなく佐久本政良氏が泡盛工場跡に埋まっていたニクブク(稲藁のむしろ)から麹菌を取り出し培養することに成功、泡盛作りは復活した。

1998年になって、戦前坂口謹一郎東京大学名誉教授が保管した別の麹菌が発見され、そこからも泡盛が造られるようになった。

遊郭

那覇市には琉球時代からがあった。遊女に相当する尾類(ジュリ)が客を選べるなど、本土とは違う独自の遊文化があった。

は10・10襲で焼失。焼け出された尾類達は従軍慰安婦になる者も多かった。

戦後沖縄独自の遊文化はジュリ行列を残すのみでほぼ断絶し、それさえも売の肯定になってしまうとする一部の女性人権団体の反発で中止されたことがある。

沖縄県民斯ク戦エリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

沖縄戦敗北が確実となっていた6月6日大田少将は以下のような電文を軍次官宛に送った。(は不明箇所)

発 沖縄根拠地隊

宛 軍次官

左ノ電次官ニ御通報方取計ヲ得度

沖縄県民ノ実情ニ関シテハ県知事ヨリ報告セラルベキモ県ニハ既ニ通信ナク二軍部又通信ノ余シトメラルルニ付本職県知事ノ依頼ヲ受ケタルニ非ザレドモ現状ヲ看過スルニビズ

之ニ代ツテ緊急御通知申上グ

沖縄島ニ敵攻略ヲ開始以来陸軍方面防衛戦闘ニ専念シ県民ニ関シテハド顧ミルニ暇ナカリキ

レドモ本職ノ知レル範囲ニテハ県民ハ壮年ノ全部ヲ防衛召集ニゲ残ル老幼婦女子ノミガ相次グ爆撃屋ト財ノ全部ヲ焼却セラレ僅ニ身ヲ以テ軍ノ作戦ニ差支ナキ場所ノ小防壕ニ避難尚爆撃ニ中ニ曝サレツツ乏シキ生活ニ甘ンジアリタリ

モ若キ婦人ハ率先軍ニ身ヲ看護婦烹炊婦ハ元ヨリ弾運ビ挺身込隊スラ申出ルモノア

所詮敵来リナバ老人子供ハ殺サルベク婦女子ハ後方ニ運ビ去ラレテ牙ニ供セラルベシトテ親子生別レヲ軍衛門ニ捨ツル親アリ

看護婦ニ至リテハ軍移動ニ際シ衛生兵既ニ出発シ身寄キ重傷者ヲ助ケテニシテ一時ノ感情ニ駆ラレタルモノトハ思ハレズ

更ニ軍ニ作戦ノ大転換アルノ中ニ遠隔地方ノ住居地区ヲセラレ輸送皆無ノ者黙々トシ中ヲ移動スルア

是ヲ要スルニ陸沖縄ニ進駐以来終始一貫勤労奉仕物資節約ヲ強要セラレツツ(一部ハノ悪評ナキニシモアラザルモ)日本人トシテノ御奉ノ護ヲ胸ニ抱キツツ遂ニ□□□与ヘコトナクシテ本戦闘末期沖縄島ハ実情形

一木一焦土ト化セン糧食六月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ

沖縄県民斯ク戦ヘリ

県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

大田少将6月13日自決、その後中将へ昇進した。

その後の沖縄

捕虜収容所

米軍に捕らえられた住民・日本兵は沖縄各地に設けられた16の収容所に分けられ、ハワイの収容所へ送られた者もいた。

収容所と言っても有刺線で囲まれた区域で、建物は良くてテントだった。食糧・衣服は支給されたが不充分で、飢餓やマラリアで命を失った者も多かった(少なくとも3000人)。

兵による強姦沖縄県民や朝鮮出身者による日本兵への報復リンチも起きた。

戦犯以外は1945年11月~1947年には解放された。

八重山共和国(八重山自治会)

戦後しばらく米軍の上陸がく、政府状態に陥った上に飢餓とマラリアに苦しむ八重地方で、12月15日に有志が自治組織「八重山自治会」を結成し、民主的手続きで会長宮良長詳氏、副会長宮城信範・吉野高善両氏を選出した。

8日後の12月23日八重山へもアメリカ権が及び、米軍政府下の八重支庁発足に伴い八重山自治会は解散した。その支庁長に宮良長詳氏が就くなど自治会の組織が支庁に反映されている事を考慮すれば消滅ではなく組み込まれたという方が近いかもしれない。

自治会に上級政府が(法的にはともかく)事実上存在しない状態が8日間続いたこと、共和政的体制だったことから「八重山共和」とも呼ばれる。

米軍統治(アメリカ世)

散発的な戦闘は続いたものの日本が降伏した8月15日以降は米軍は本格的に沖縄を占領・統治する。アメリカ統治時代、俗に言うアメリカ世である。詳細はアメリカ世の記事参照。

戦争孤児

両親の死亡、生き別れなどにより、疎開帰還者を含めて数千人の戦争孤児が発生した。

遺骨

全ての遺体が埋葬されたとは限らない。現在も沖縄戦の遺が見つかることがある。

不発弾

沖縄県内には2050t~2300tの不発弾が残っていると推定されていて、全て処理するにはあと7080年かかる量である。年に約1000個ほどが見つかっている。

1974年3月2日には那覇市タイ幼稚園近くで起きた爆発で幼児含む4人が死亡した。

沖縄戦の評価

全国戦災史実調査報告書における沖縄戦の扱い

戦災史実調総務省などが社団法人日本戦災遺族会(2010年解散)に委託して1977~2009年度に戦災に関する資料を調・収集したものであるが、沖縄戦はほとんど扱われていない。

2015年にこれを問題視した照屋寛徳衆院議員(沖縄県出身)の質問意書に対して安倍晋三内閣は「行政文書が残っておらず不明」とする答弁書を閣議決定した。沖縄県沖縄開発庁(現内閣府)が担当していたためとされるが、総務省は今後も政府として沖縄戦の調を行う予定はいとしている。

東京新聞:沖縄抜き「全国戦災史」 国の調査、戦後70年行われずexit

強制集団死」か?「集団自決」か?

「強制集団死」という名称については、強制された自殺ではないから「強制」という名称は相応しくないという意見がある。

一方で「自決」というのは責任を取るか意思表示のためのものだから「集団自決」と呼ぶのは相応しくないという意見もある。

岩波書店・大江健三郎訴訟

作家大江三郎著「沖縄ノートexit_nicoichiba」(岩波書店)の記述をめぐって、梅澤裕座間味戦隊長や故赤松嘉次渡嘉敷戦隊長の遺族・赤松秀一氏が大江氏・岩波書店名誉毀損で訴えた。

最高裁まで持ち込まれ、2011年4月22日に原告敗訴が確定した。

教科書検定・沖縄県民大会

岩波書店大江三郎訴訟は2006年度教科書検定へ飛び火し、高校日本史教科書から「軍強制による集団死」という記述が消えた。

これに反発して2007年9月29日に「教科書検定意見撤回をめる」沖縄県民大会が行われた。催者発表では11万6000人(宮古八重山の別会場含む)が集まったとされるが、沖縄県警幹部の話では4万人強しかいなかったとする産経新聞の記事を支持する意見も根強い。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2018/09/04(火) 14:21:26 ID: 6l63cJCLnX

    人の心がいのだから仕方ない

  • 30ななしのよっしん

    2019/04/29(月) 11:38:04 ID: bLA75uW/6j

    よく太平洋戦争はヤラセでスパイ山本五十六はわざと米国に負けたとか見て来た様に言ってるが、わざと降伏したなら沖縄戦があんな戦になるかよ?
    陸軍は必死で戦ってたけど軍は手抜きしてたって事か。
    そんな事してよく戦後内戦にならんかったな。

  • 31ななしのよっしん

    2019/04/29(月) 21:03:19 ID: QSfqlX41BA

    軍は手抜きしてたってのが否定しきれないのが恐ろしいところ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 20:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP