黒魔さんのページ

  • ユーザーID: 1480230
  • 総レス数: 351 (第6473位)
  • 総編集数: 352 (第789位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第20500位)
  • 総新規記事数: 1 (第49890位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1830位)

最近更新した記事

黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) / 黒魔(ユーザー) /

 
編集  

黒魔ユーザー

キャスター帝都聖杯奇譚)とは、経験値による聖杯戦争作品「帝都聖杯奇譚」に登場するサーヴァントの一騎である。サーヴァントについては、サーヴァント(聖杯戦争)を参照。

概要

サングラスを引くスーツ姿をした金髪青年紳士の英霊。マスター第三帝国総統・・・・ではなく、その影武者として今回の戦いの裏で暗躍している偽総統。その的は、本物の総統亡き今「なる総統」という存在を召喚し、あわよくば自身がその「なる総統」になろうとしている。でも、本当はもっとおっぱいプルンプルーンなサーヴァントが良かったらしい。そのくせ、同営のレイター少佐アウトオブ範疇というダメっぷり。

言葉遣いこそ慇懃で若干胡散臭いを与えるが、基本的には気さくな性格の持ちであるため、あまり堅苦しい印はない。故に、その外見と相まって普通の人間と大差ない人物。その一方で、自身を「悪魔」と称しており、そう自称するだけの狡猾さを併せ持っている。また今回の戦いにおけるである英霊兵の運用の基盤となっているのが魔術であることを即座に否定し、科学であることを強調している。

その英霊兵が魔人アーチャーこと織田信長によって壊滅させられた後、追い詰められた総統によって呼び出される。これが彼の初登場となった・・・・のだが、その直後に信長狙撃により秒殺。見せ場も顔見せもなくあえない退場となった。

「せめて名乗らせてもらえませんかね!?

ところが、今度はランサーこと李書文とそのマスターによって偽総統が追い詰められると、何の前触れもなく姿を現す。そして自身は同営であるアサシンと共にランサー営を追い詰めるが、アサシン死亡フラグを大乱立したせいでランサーに撃破されると、自分も成す術なく彼に仕留められてしまう。やられる間すら省略という仕打ちだが、そのランサーが手応えらしい感触は一切なかったと述べているため、より一層の不気味さを放っている。
そして、ライダーを撃破した信長桜セイバーこと沖田総司敗北した直後に彼女の前に出現。自分にとっての脅威が退場した今、その正体を明かす。

名は、電磁波に関する数々の理論方程式を立した英国スコットランドの偉大なる碩学ジョージ・C・マックスウェル・・・・ではなく、そのマックスウェルの思考実験により生み出された永久機関の否定、いわゆる熱力学第二法則の否定という概念。すなわちマックスウェルの悪魔。その悪魔に「限のエネルギー」をめる人々の欲望が集ったことで霊基を得たサーヴァント。それこそが彼の正体である。

そうして自身の宝具を発動し、聖杯融合させる。その上で、聖遺物「栄右手ハンズ・オブグローリー)」を移植した偽総統を触媒・・・・というよりは生贄同然に利用(その上、この召喚儀式に関する危険性を直前まで黙っていた)。自分たちが呼び寄せようとしている何者かの霊基は論のこと、聖杯のドロに耐え切れず偽総統は消滅し「人造の」が復活を果たす。

その後は沖田ランサー、そして瀕死信長を相手取る。ひとりは万全とは言い難い状態にも関わらず、三騎士相手に当初は優位に戦いを運んでいたが、信長ランサーと自身を聖杯げたことで沖田魔神セイバーとして顕現。抑止の守護者となった彼女との最終決戦にて敗北する・・・・

設定段階では「ぶっちゃけ、まだ考えていない」であったにもかかわらず、いざ「帝都聖杯奇譚」の連載が始まるや否や、出オチと見せかけて物語の実質的なラスボスにして黒幕たちに連なる存在という破格の待遇となった。とりあえずノッブドンマイ!そんな彼だが、ピーキーすぎるのせいもあるのだろうが、「Fate/Grand Order」におけるぐだぐだイベント第三弾「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚~極東魔神戦線1945~」での登場は、残念ながら見送られた様子(もっとも、舞台の設定の関係で第三帝国どころか外部の介入がほとんど不可能な状態に陥ってしまっていたのだが)。ただし、同イベントにおいて「人造の」に似た存在が出現したわけだが。ともあれ、かつてパラメーターがオールEだった「子供たちの英雄」として顕現した彼女がカルデアに召喚された今、キチンとしたパラメーターを得た模様。もしかすれば、彼もカルデアに招かれることがあれば、あるいは・・・・・・

ステータス

スキル

スペックサーヴァントは数あれど、最低限の戦闘すら皆無ステータス:なしという極端なの持ち。それどころか、キャスターとしてのクラススキルすら有していない。そのため、戦闘手段としてを装備している程度。曲者いな経験値考案サーヴァントということを抜きにしても、彼の持つは異色そのもの。そのの一つが魔生成。これに特化しているため、自身の生み出した魔を偽総統に供給。結果、数十体もの英霊兵の運用に用いられることとなった。そして、もう一つがの不死。作中では何度も倒されても復活を果たしているが、どうやら物語当時のサーヴァントもがこのキャスターを打倒することができないらしい。その不可解なの正体は、彼という存在が「熱力学第二法則を否定する悪魔」である「マックスウェルの悪魔」であるからに他ならない。つまり、彼を打倒するには単純な攻撃などではなく、彼を否定する概念や理論が必須となる。なので、彼に引導が渡される以前の年代であるサーヴァントを含めた登場人物たちが彼を討ち滅ぼせないのはこのことによる。逆に、それ以降の現代に召喚された場合は「一般人理系大学生にすら負けかねない」「そもそも無敵スキルが発動せず、物理の参考書で殴られて消滅する可性すらある」という、もはや凄まじいレベルの極端さ。だが逆に言うならば、再び似たような理論確立されてしまえば再びこの悪魔を盛り返す可性も否めないだろう。

宝具

熱力学第二法則の否定(マックスウェルの悪魔

強欲なる人類が夢見た夢幻心臓。すなわち「永久機関」。ただし、全な「永久機関」ではないため、あくまでそれに似たようなナニか。それでも、この宝具によって限に等しいエネルギーを生成できることに変わりはない。ただし、発動にはいくつかの条件が必要であるらしい。なお、この宝具科学の力としているが、それによって生み出されているエネルギーというのが魔であるため、もはや矛盾以外の何物でもない。

しかし、そうした矛盾も「永久機関」としての贋も、彼が降臨させた存在の前では細な問題でしかないのだった・・・・・・!

人造のネオフューラー

キャスターが呼び寄せた「英霊そのものの再現」たる存在。第三帝国が召喚しようとしていた「なる総統」の正体であり、キャスターらのの計画であるナニか。


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/1480230
ページ番号: 4387964 リビジョン番号: 2659916
初版作成日: 10/06/16 11:22 ◆ 最終更新日: 19/01/16 18:33
編集内容についての説明/コメント: 編集途中
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒魔について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 21:02:13 ID: 0FEaXIHmvR
良い・・・!
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス