黒魔さんのページ

  • ユーザーID: 1480230
  • 総レス数: 396 (第7500位)
  • 総編集数: 552 (第542位)
  • 総お絵カキコ数: 0 (第21126位)
  • 総新規記事数: 1 (第51181位)
  • 総ピコカキコ数: 0 (第1947位)

最近更新した記事

黒魔ユーザー

  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「いいか?だ!お前らごみ)だ!
まず最初はそれをしっかりと頭に叩き込め!!ねじ込め!!
になれと言ったらになりになれと言ったらになれ!!
背で揉み手をしながらの機嫌を常に伺い全身全霊でへつらうのだ

そしてもう一度言う
だ!!

宇髄天元とは、「鬼滅の刃」の登場人物である。

CV:小西克幸

概要

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分をもう手に含んでいます。
閲覧の際はド手に自己責任突猛進!!突猛進!!

殺隊最強剣士『柱』の一人、音柱身長198cmに体重95kgと当時としては恵まれた体格の持ちである23歳。
手にを引く化粧手に装飾された額当てが特徴的すぎる手な見たそのままに、人や物事を手」地味かで判断する価値基準を持つ手好きな伊達男。このために、ファンからは派手柱と呼ばれることも。そして同時に、大正の世を生きるの末裔でもある。
初登場は竈門兄妹とついでに冨岡さんの処遇を巡る柱合裁判にて。他の大多数の柱たちと同様に彼もまた処断であった。そんな彼が物語において、ないしは竈門炭治郎と本格的に関わってくるのは、屋敷にて一着を起こしていた時。自身の任務のために神崎アオイ高田なほを強引に同行させようとしたところ(なほが正式な隊員ではないことがわかると即座に解放)に炭治郎が介入。更には我妻善逸嘴平伊之助も加わったところ、彼ら三人を任務に同行させる。ちなみに、後日この一件のために屋敷のである胡蝶しのぶとは大いに揉めたとか。
それこそが、遊郭舞台とした新たな死闘の幕開けでもあった……。

このように、強引かつ横暴な面が悪立ちしてしまっているものの、好意的に見るならば体育会系的なノリの持ちと言える。また下の者に対する面倒見自体は良い部類であり、こういった点は煉獄杏寿郎とは違った形の兄貴分的気質の人物である。一方では、かつてだったが故の冷静かつシビアな顔を覗かせることも。

戦闘能力

よろしく隠密行動諜報活動に長けており、その機動や技を活かしたスピーディーかつトリッキー戦闘スタイルは彼らしい手さが際立っている。それでも戦闘時、時問わずその高い隠密性を維持している。また、彼の腕も俊足も柱の中でも上位に位置しており、指揮官として高い戦術眼を有している。

普段は自信な彼だが、自分以上の実者たちとの彼の差を認識している。それでも、そうした驕りのさも彼の強みの内であることは疑うまでもない。同時に彼と対峙した上弦の鬼をして「今まで殺してきた柱たちとは違う」と言わしめ、またお館様こと産屋敷耀哉が言うところの「はじまりの呼吸の剣士以来の精鋭い」の一人に相応しい実者であることは確かだろう。そして炭治郎も、味方を鼓舞する髄の姿を見て、かつて自分たちの標となった柱の剣士にその姿を重ねている。

なお、彼もまた絶対音感の持ちであり、戦闘諜報においても大いに発揮される。

武装及び使役

日輪刀

髄の所有する二振りの日輪。だがその見た日本刀というよりはむしろ馬鹿でかい包丁と言った方がしっくりくる形状であり、しかもその二ヌンチャクのように鎖で繋がれている。これにより通常の二刀流による戦闘だけでなく変則的な技を振るう。加えて、この日輪には爆薬が仕込まれており、撃と共に爆が発生(つまり視覚エフェクトではない)。なお、の色はであり鍔の色はという髄らしい手さ

忍具

作中には、にも通用する火玉やが仕込まれた苦無が登場した。前者は軽い摩擦や振動などで起爆する仕組みであり、単純な攻撃から撃の強化など多種多様な使いがある。後者は通常のを半日ほど麻痺させ、下弦の鬼の動きさえも封じるほどの威を持つ。いずれも、髄自身の持つ学の知識に基づいて作られたものである(そのため、苦無しのぶのものとは別系統である模様)。

また、髄本人は使用していないが、一度に大量の苦無を発射できるランチャーのような装置もある。

鎹鴉

髄のに似てオシャレであり、界のファッションリーダーなんだとか。

ムキムキねずみ

髄のとなっているねずみたち。特殊な訓練により高い知と一匹で一本を運搬できるほどの筋を持っている。このように非常に有能ではあるが、それ以上にこの存在を特異たらしめているのはそのビジュアル文字通り首から下が筋々で二足歩行を行い、なおかつ髄と同じ額当てをしたねずみと思しきナニ

戦闘技法

音の呼吸

髄が用いる全集中の呼吸の呼吸から生したものであり、髄本人が流で編み出した。

壱ノ型 轟

を振り下ろし、地面に叩きつけると同時に爆発させる。地面に大穴を開けるほどの威を持つ。

肆ノ型 響斬無間

鎖によって二を高速で振り回し、撃と爆発によるを前方に発生させる攻防一体の広範囲攻撃。

伍ノ型 鳴弦奏々

突進しつつ鎖で二を振り回しつつ、撃と爆発による連続攻撃を怒涛の勢いで浴びせる。く「騒がしい技」とのこと。

忍術

元はである髄が習得している特殊技。前述の毒薬爆薬の知識がまさにそれ。またへの耐性も有している。そして普段は手さ全開な彼だが、いざそれら全てを取っ払って素顔をすと女子という女子黄色を上げて中になること請け合いの色男変わり。これも一種の隠遁の術と言えよう。本人は地味不本意だけれども。

??普通に男前じゃねえか。ふざけんなよ)

譜面

髄独自の戦闘計算式。彼の聴覚とが合って成立する。敵の動きの動を読み、それを内で音に変換することでその攻撃や防御の隙や癖を読み取ることが可となる。更に唄に合の手を入れるが如く、音の隙間を攻撃すれば打撃を与えられる。ただし分析などを要するため、発動までに時間がかかってしまうのが難点。とはいえ、それを差し引いても余りある戦強化や戦果が期待できるのも事実

家族構成

父及び姉弟(9人はいたとのこと)

髄の実家髄は次期統領としてそこで修練を積んできた。しかし、時代の流れ故にそのものが衰えつつある中にあって、焦りを覚えるから課される鍛錬の数々は筆舌し難いほど凄惨かつ過酷極まりないものだった。その結果、生き延びたのは髄本人と一人だけ。しかもそのも、父親の生き写しそのものの非人間的で機質な具の如き存在と成り果ててしまった。こうしての在り方に疑問を持つに至り、結果として髄は抜けとなるを選ぶ。以降、そのまま流れるように殺隊に身を寄せることとなり、髄は人を守る戦いに身を投じていった。それでも矛盾を抱えながら戦ってきたが、その解消は産屋敷との邂逅を待たねばならない。髄が産屋敷に対して感謝と崇敬の念を抱くようになったのはこれがきっかけである。

嫁×3

ぶっちゃけこの欄における本題。

三人とも優秀なくノ一であり、髄の援護を担っている。それと三人ともすっげえグラマラス!
一見すると世のラブコメハーレム物ですらになりながら裸足で全逃走しそうな設定ではあるが、これは髄の里の習によるものらしい。であるにも関わらず、髄本人と彼女らとの間には確かな深い情が存在しており、その髄はたちを最優先にして行動するほど。一方の彼女らも、髄と共に抜けとして生きるを選んでおり、一種の運命共同体となっている。そんな彼女ら同士の間柄は姉妹のように仲が良い。

……もっとも、そんな背景など余人が知るはずもなく、味方問わず非難なのは言うまでもない。


  • 「その時四人がっていなくても恨みっこなしです」

を上げてポニーテールのような一本結びにした女性。落ち着いた雰囲気ながらも、戦場に立ち援護に回る胆を持っている。その性格からか、よくケンカするまきをと須磨の諫め役を買って出ることもあるためか、三人の中でも筆頭格のような印を受ける。

  • まきを
    あたしたちも加勢するから頑りな頭!」

のみ色の違った女性。勝ち気でサバサバとした気性の気のいい姉御肌。ただ、短気なのが玉に瑕で泣き言ばかり言う須磨にはよくを入れたり、漫才じみたケンカをしたりする。

  • 須磨
    「いやあああ死なないでえ
    死なないでくださぁい天元様あ~~」

ウェーブがかった長い女性。泣きでちょっぴり(?)騒々しくも図太い神経お姉さん。基本的には弱音ばかりで自己評価も低いものの、決して自身の役を放り出すことはしない。加えて潜入した先の遊郭にての地位まで登り詰め、その信頼も勝ち取るなど、決して他の二人に劣っているわけではない。

……三人の性格がどこかのかまぼこたちに似ているのは、多分気のせいである。

宇髄様語録

「ならば手に頸をってやろう」
よりも手な血飛を見せてやるぜ
もう手だ」
原作初登場時のセリフ宇髄天元という人物の一端が伺えるようなセリフである(好意的に見るならば、隊違反とは言え隊員の処罰と言う汚れ役を自ら買って出ているのかもしれないが)。なお、アニメ版だとを連れた殺隊員っつーから手なを期待したんだが…地味な野郎だな」である。

地味に話がぐるぐる回ってるぞアホが」
「人を喰ってないことこれからも喰わないこと
口先だけでなくド手に明してみせろ」
炭治郎の発言の後に発した髄の言葉。結論ありきとは言え、炭治郎に冷静に発言するよう促している。この点から宇髄天元という男が単なる手好きではないことを示している。

「いい質問だお前は見込みがある」
派手を司る神・・・」
祭りだ」
記事冒頭のセリフの後に「具体的には何をですか?」炭治郎から質問された際の一連のセリフ。もはや何も言うまい。なお、その場に居合わせた鬼殺隊員の所感は(やべぇだ…)(とんでもねぇだ…)(アホの質問だよ見込みなしだよ)(アホだなアホっているな間違いなく)とのこと。なお、自称山の王に対しては塩対応

「恥じるな生きてるが勝ちなんだ
機会を見誤るんじゃない」
善逸行方知れずとなり、自身の判断ミスを詫びた上で炭治郎らに遊郭から離脱するよう命じた後のセリフ。かつてだった髄の横顔が見えると同時に、あくまでも炭治郎たちには生き延びることを優先させている。

手にハッキリと命の順序を決めている
まずお前ら三人次に堅気の人間たち
そしてだ」
回想にて三人の女房に言い放ったセリフ髄のたちへの情の深さを徴している。だからと言って、堅気の人間たちを蔑ろにしているわけではなく、むしろ今まで救えなかった命をも背負いながら戦い続けている。

「ぐずり出すような馬鹿ガキは戦いの場にいらねぇ」
地味に子守り唄でも唄ってやれや」
暴走してしまっている禰豆子必死で抑えている炭治郎に対して放った言葉。一見すると二人を見放したかのような印を受けるが、これによって竈門兄妹は窮地を脱することとなる。なお、竈門炭治郎の歌(う鯉のぼり)はひとまずお忘れください。どうしても理であれば子守り唄(song by桑島法子)に期待いたしましょう。

「いいや若手は育ってるぜ確実に
お前の大嫌いな若手がな」
死闘を終え、伊黒小芭内に向けたセリフ地味な野郎でしかなかった少年は、正しく見込みがあるとして認められることとなった。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/1480230

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒魔

1 ななしのよっしん
2017/11/14(火) 21:02:13 ID: 0FEaXIHmvR
良い・・・!
2 黒魔
2019/10/13(日) 01:17:54 ID: I8V89WwUl0
>>1
ありがとう・・・

急上昇ワード改

おすすめトレンド