今注目のニュース
Twitter、嫌がらせ対策“リプライを非表示”のテストを日本でも開始
埼玉・児童殺害事件で父親の逮捕状請求へ 学校は「児童の心のケアにあたっている」
シュワ「ターミネーター」では瞬きをしない

アイザック・クラーク単語

アイザッククラーク

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アイザック・クラーク(Isaac Clarke)とは、
Electronic Arts発売のホラーTPSDeadSpaceシリーズ本編主人公であり、宇宙最強のエンジニア豆腐
CV:ガンナー・ライト(Gunner Wright)

通称はアイザックさん・( 三)・( )・[ ¥]etc・・・スーツの数だけ一行AAがある。
本来は上級エンジニア兼通信技師で、Concordance Extraction Corporation社(CEC)所属のしがないサラリーマンであり、スーパーソルジャーでも伝説戦士でもない。(←コレ重要)

作中年齢は「1」で43歳。三年後の惨劇を描いた「2」では46歳となっている。(が、若返った)
「3」は西暦2514年とのことなので、何と49

また、DSシリーズ以外のEA作品への外部出演も多く、メーカーコトブキヤ等からスタチューフィギュアが発売されるなど、外でも人気の高さが伺える。(本来DSシリーズは3を除いて日本公式発売なしなのだが・・・)

なお、名称はSF三大巨匠アイザック・アシモフロバート・A・ハイラインアーサー・C・クラークの内二人から引用
後述の両親の名もSF作家ポールアンダーソン及びオクタヴィア・E・バトラーに由来。

( 三)の経歴

アメリカ東海地方の出身。宇宙開発・テラフォーミングが進んでる本作の世界観では割としい地球出身。
※余談だがモバイル版のヴァンダル(ケリー・ノートン)が宇宙船、タイラーレディコフは火星出身。また、幾つものコロニーが存在し、3の要人物の一人カーヴァー家族が住んでいたUxor等がそれ。
「1」や「Extraction」の舞台の一つであるイージスVIIでも一時CECの手によりコロニーが建造されている。

両親は著名な建築家で、造船設計者でもあるポールクラークオクタヴィア夫妻。
ポールアイザックが幼少期の頃にGalactic Union Marine Corp社(GUMMC)の要請で宇宙勤務になってからの足取りは不明。
地球政府が絡んでいるらしく、行政で機密扱い。実際にアイザックは後にコンタクトを取ろうとしたが、一蹴された模様。

また、オクタヴィアは夫の宇宙勤務の後に鬱病等で精に失調をきたし、一時は精科で治療を受けていたがChurch of Unitology(以下ユニトロジー教会)に入信。
財の大半を注ぎ込んだもあって、一般信者では高位の「Vested-Level」となっている。
※この事がアイザックのユニトロジー教会への嫌悪の原因になっている可性がある。

学生時代のアイザック機械学・電気エンジニアを専攻。これらの分野で高い成績を挙げており有名学校への推薦もあったが、
財政上の理由(恐らくオクタヴィアが原因)からマイナー学校入学学校側から授業料や財政の助けを得て通っていた模様。

卒業後は商船海兵隊に入隊。マイナー校出身にも関わらず機知に富んだエンジニアとして評価され、入隊から二年後には要航路に近い部分を任されるほどの地位だった。

除隊後は上述のCEC社所属のエンジニアとして勤務。
その間にニコール・ブレナンと出会い、ウェルズ級採掘宇宙船「USG Ishimura」へ推薦までの2年間同棲していた。
尚、ニコールが「Ishimura」に転属できたのはアイザック推薦によるもの。(2のプロローグ参照)
コミック版では一時アイザックも「Ishimura」勤務していたこともあり、その内情を知っていた(特にユニトロジスト関連)為、「2」とは逆にニコールの転属に反対していた。

以上の経歴は、「1」クリア後に閲覧できるザックハモンドCEC上部宛テキストログから。

そして、西暦2508年に起きた「USG Ishimura」での事件=「DeadSpace」から彼の運命は変してしまう・・・。

DeadSpaceにおける( 三)

ニコールからSOSとも取れる映像ログを受けたのを理由に、
イージスVII系で採掘作業を行なっていたCEC所属の「USG Ishimura」からの修復要請にザックハモンドケンドラダニエルズ等と共に志願。
しかし、「USG Ishimura」内部は既に死体と死臭で溢れ、異形の化物・ネクロモーフ跋扈する地獄と化していた。

彼はネクロモーフを「解体」しつつユニトロジストで残念ハゲマジキチ博士チャールズ・マーサーの妨がありながらも、ニコールの捜索・船のシステム修復に奔走するが、
次第に状況が絶望的であることが明らかになり、一応の上官にあたるザックハモンドの提案でCECに見切りをつけ、「Ishimura」脱出の手段を模索することに。

(間接的に)ハモンドのせいで地球政府軍の巡洋船「USM Valor」までもが「Ishimura」に墜落
更に「Valor」のクルー達もネクロモーフ化してしまうが、これがきっかけで脱出の足がかりを得ることになる。

ハモンドアイザックの前でネクロモーフに惨殺されてしまうが、代償としてショックポイント(本シリーズにおける、所謂ワープ航法技術)に必要な特異点装置を入手。

その後、数少ない生存者の一人である割と頭が残念なテレンスカイン博士により、「Ishimura」で起きた惨状は採取した建造物「Red Marker」、そしてイージスVIIに巣食う巨大ネクロモーフハイブ・マインド」によることが知らされる。
カイン博士によると「Red Marker」をイージスVIIに戻せばこの状況が収まるとのことで、彼に協することに。

しかし、脱出艇に「Red Marker」を収容した所でカイン博士ケンドラによって射殺される。
実はケンドラCECではなく地球政府スパイで、「Red Marker」─厳密には200年前に地球で作られ、そしてイージスVIIに放棄された「Marker 3A」を回収するための工作員だった。

直後、そこまでに1度だけアイザックの前に現れ、協してくれたニコールが再び現れる。
そして彼女と共にケンドラから脱出艇と「Red Marker」を奪還。
イージスVIIに向かい、「Red Marker」の封印に成功・・・と思われたがケンドラが姿を表し、再び「Red Marker」を奪われてしまう。

ケンドラアイザックの知らなかった事実明らかにする。それは、アイザックに送られたニコール映像ログの続き。
ニコールは、ネクロモーフの大量出現から間もくして自殺物語開始時点で既に死んでいた。
そして、直前まで行動を共にしていたニコールは「Red Marker」が作り出した幻覚であり、アイザック自身の願望が生み出したものだった。
この痛ましい映像現実を突き付けられたアイザックだが、ケンドラに「Red Marker」を持ち去られない為に再び追いかけだす。

だが、ケンドラが脱出艇に乗り込もうとした直後、「Red Marker」によって行動を抑制されていた「ハイブ・マインド」が活性化。
ケンドラ文字通り「磨り潰し」アイザックをも食らおうとするが、アイザックは「ハイブ・マインド」を辛くも撃破。
脱出艇に乗り込み、同時に小惑星墜落したイージスVIIを見下ろしながら脱出する。

しかし、「Red Marker」は小惑星突による自身の破壊の前に、次の手を打っていた。
それは、自身と接触したアイザックにマーカーシグナルを埋め込むという…。

そして、宇宙に出た脱出艇で再びニコール映像ログを閲覧するアイザック
ログを停止しもいない隣座席にを向けると、血塗れのニコールが…。

尚、全チャプターの頭文字を繋げると『NICOLE IS DEAD』となる。

「USG Ishimura」で起こった惨劇は表向き「テロリストによる虐殺」とされている。
後に「USG Ishimura」は「CEC威信の徴」として回収され、後述の「タイタンプロール」にて安置される。

また、本作から「2」までの間に「Aftermath」(本作の登場人物ノーラン・ストロースは後に「2」にも登場)や「Salvage」と言った騒動も発生している。

DeadSpace2における( 三)→[ ¥]

「USG Ishimura」の悪夢から3年。イージスVII宙域で漂流しているところを救助された・・・が、
Red Marker」によって植え付けられたシグナルが原因による特殊な認知症を患い、土星衛星上に建造された宇宙ステーションタイタンプロール」の精神病棟に隔離される。
また、作中メンチビームと恨み節を放つニコールの幻覚を何度も見ることに悩まされる。QTEで殺されかかることもしばしば。
この認知症が原因で「Ishimura」の事件から3年間の記憶がい。
しかし、突如として「スプロール」全域にネクロモーフが大量発生。
この混乱に乗じて「Ignition」に登場する主人公の一人、フランコ・デリールによって救助される。
が、直後にアイザックの眼前でインフェクターに殺され、ネクロモーフ化してしまう。マジ哀れ。

そして、デイナ・ル=グウィンの手引きにより精神病棟から脱出。
デイナはスプロールの監督官である「ハンスタイドマン」が「アイザック達を利用して「The Marker」をスプロールに建造したため、ネクロモーフが大量発生した」、「自分の元に来たら認知症の治療が可」とアイザックに述べ、
アイザックは信用出来ないながらも、「Ishimura」の事件と同様ネクロモーフを再び「解体」しながら数々の死線を掻い潜り、合流に成功する・・・が、直後に拘束される。

実はデイナはユニトロジスト(それも教会プロール支部の代表者ガチ宗教キチ)であり、アイザック内にある「シグナル」を手中に収め、自ら「The Marker」を建造する論見だった。
また、前述の「ネクロモーフ発生はタイドマンのせい」と言うのは実は半分で、モバイル版では「協会の為」と言う理由から詳細を知らせず工作員ヴァンダルを利用して隔を解除することで、本来中央区画に押し留められていたネクロモーフを一般区画にまで誘導したことが明らかになっている。
信仰心の高いユニトロジストとは言え、ヴァンダルはこの暴挙に[#三]<生還したら教会やらかしたことを全部暴露してやる!ブッ殺してやる!とブチ切れている。…結果的にわなかったが。
※余談だがヴァンダルの残したオーディオログは終盤の採掘区画で二つ入手出来る。
その内の一つ「#5」となっているのはヴァンダルが残した計5つの内、最後のログで、リアクター突入決行時のもの。

しかし、ユニトロジー教会の動きは実はタイドマン側に筒抜けであり、アイザックステイスベッドに放り込まれる直前にガンシップが襲撃・デイナ達を射殺。

アイザックはこの時のドサクサで、ネクロモーフごとガンシップを破壊し生き延びたが、どどん詰まりの状況に陥ってしまう・・・。
しかし、精神病棟脱出時から何度か接触してきたノーラン・ストロースに「「The Marker」を作ったのが自分達なら、破壊することも可。そして中央行政区に存在する」と知らされ、自らの生存だけではなく「The Markerの破壊」も的として再び走りだす。

その最中にCEC所属の重機パイロットであるエリーラングフォードとも出会い、当初は警されていたもののお互いの生存を賭けて協し合い基本的に別行動を行うものの、時には共同作業も行う。

しかし、(元々追われる立場だったとはいえ)「The Marker」を重要視するスプロール監督ハンスタイドマンと対立。
生命維持装置のシャットダウン等、様々な妨を受けつつも中央行政区に向かうべく奔走する。

だが同じくシグナルを抱えるストロースは次第に情緒不安定になり、結果的に発狂。
アイザックに3つの「ステップ」を示すものの、自分勝手な願望のためにエリーの右を抉り取り、更に採掘区画でアイザックにも襲いかかる反撃を受け死亡。(ちなみにストロースの死体に攻撃すると彼がどんな幻覚を見ていたのか解るオーディオログが手に入る)
尚、ストロースのシグナルがあるのは、「Aftermath」において回収した「Red Marker」の破片が機したことによるもの。この影で妻子を殺し、精神病棟にアイザックさんと仲良くブチ込まれていた。

また、この採掘区画でニコールとの最後の問い詰めで「君の死を認めてしまったら、は全てを失ってしまう」と言う本音を吐露し、幻覚とは言えニコールと和解。
中央行政区ガンシップを発見するが遠隔操作エリー一人を脱出させ、たった一人で「The Marker(Gold Markerとも)」の破壊に立ち向かう。

タイドマンはアイザックの進行を止めるためのセキュリティチーム200人を配備するが、サイバトロン並のザル警備逃してしまい、電を落とされ隔が開放された為ネクロモーフ乱入し、全滅
更に大量のネクロモーフが「The Marker」の元に集い、「収束」を開始。

アイザックニコールの導きにより、ストロースの言っていた「ステップ」─マシンによって内のマーカーシグナルを活性化させ、「The Marker」の脅威となる存在と化す。
同時に不死のネクロモーフ「ウーバーモーフ」から追われながらも「The Marker」の元に向かうが、重症を追いつつ生存していたタイドマンと遭遇。
ジャベリンガンを二度を受けるも、タイドマンから逆にジャベリンガンを奪い殺。(アイザック自らの意思で人を殺したのはこのシーンが初)

重症を追ったアイザックニコールの幻影に抱かれるように・・・「さぁ、死の時だ!」と突如告げられ、マーカーシグナルを吸収されたと同時に、舞台アイザックと「The Marker」の精世界へと移行。
これまで登場してきたニコールの幻覚は「アイザックの罪の意識の具現」であると同時に「The Marker」そのもの。
「The Marker」がこれまでアイザックを導いてきたのは「収束」と同時に、自らを生み出したMakerアイザックを取り込むことで全な再生が出来るというものだった。つまり「騙して悪いが

信じてきたものに裏切られたアイザックは「そのクソタレMarker(墓石)ごとぶち壊してやる!!」と叫び、精世界内において「The Marker」を撃破。現実世界においても「The Marker」は崩壊する。

同時にスプロールの動であるリアクター暴走による炉心溶融を開始。
モバイル版でリアクターと大ネクロモーフが一体化しており、元々不安定な状態だった。ヴァンダルが撃破したことにより一時安定したが、「収束」の開始と同時に再び不安定化した模様。
信じるもの全て失い、タイドマンのジャベリンガンによる攻撃で重症を負ったアイザックはそのままを瞑り、スプロールと運命を共にする・・・だったが、突如として「馬鹿野郎!!」と通信してきたのは脱出させたエリー
「The Marker」施設の天井を破壊し、アイザックに脱出を促す。

結果的に「タイタンプロール」は爆破・崩壊したが、アイザックエリーは生還。
一息ついたアイザックは恐る恐る隣座席にを向けると・・・「何よ?

尚、スタッフロール後に「スプロール」を含め、この時点で12もの「The Marker」が建造されていたことが明らかになり、「3」では更なる数の「The Marker」施設が建造されている。

DeadSpace3における( 三)

タイタンプロール」の事件後、政府教会双方に追われてることもあり、全てから逃げるようにルナコロニーで落ちぶれた生活をしていた。賃滞納までやってて追い出される寸前のヒキニートっぷり。
しかし、過去に二度「The Marker」を破壊した経験上、
暴走したユニトロジー教会を制御出来なくなった挙句、半ば壊滅状態に陥った地球政府軍所属ロバートノートン大尉(エリーの今カレ)とジョンカーヴァー軍曹らは、アイザックの元カノであるエリーラングフォードから「アイザックなら状況を打開できる」と捜索を依頼を受け、半ば強制的に連れ出す。
同時にユニトロジスト過激派で数々の政府管轄コロニーを攻撃し壊滅に追い込んだジェイコブ・ダニックの計画の邪魔として命を狙われることになる。

紆余曲折はあったものの、200年前に地球政府と分離戦争を繰り広げたソブリン・コロニーの軍隊「S.C.A.F.」管轄で、惑星タウ・ヴォランティス上に位置する宇宙ステーションCMS Roanoke」にてエリーと再開。そしてアイザックの前でロバートキスする。爆発しろ
そして、本作の舞台となるタウ・ヴォランティスこそが「The Markerの故郷」ということを知ることになる。

しかし、ある理由から「CMS Roanoke」やS.C.A.F.管轄の宇宙船に引き上げられていた200年前の死体がネクロモーフと化しており、これらを三度解体」・「破壊」しつつ、ロバートらとの不和がありながらも最大の的であるタウ・ヴォランティス突入の為に奔走することになる。(CO-OPキャンペーンではジョンカーヴァーが同行し、共に戦うことになる)
だが、タウ・ヴォランティス突入時に宇宙船が損傷、アイザックCO-OP時はカーヴァーも巻き添え)はエリー達と分断されて墜落
更にこの時のショックでそれまで装備していたEVAスーツが損傷、心身もボロボロの状態になりながらもエリー達の足取りを追うことになる。
本当にどうでもいいけど足が怪するわ、アイザックアホ呼ばわりされるわ、直撃セガサターンで死ぬわ、死体が大抵イジられるわのローゼンさん可哀想です。
中スノウビーストネクロモーフの襲撃に遭いながらも発見したS.C.A.F.中継基地でアークティックサバイバルスーツを発見し、装着。(あるいはEVAスーツ修復)
タウ・ヴォランティス上のS.C.A.F.駐留部隊に何があったかを知ることになりながらも、エリーとそのチームの再会に成功。

「The Marker」と、その研究をしていたDr.セラーノの足取りを追うべく「ネクサス」研究施設に向かおうとした矢先、ダニック率いるユニトロジスト強襲部隊の襲撃を受けるハメに。
「何故、ダニックが自分達を追跡出来たのか」という疑問を呈しつつも、辛くも巨大ネクロモーフネクサス」研究施設に辿り着く。
ちなみにロバートく「大体アイザックのせい」とのことで疫病呼ばわり。死ねばいいのに
「1」のラスボスである「ハイブ・マインド」がテレパシーネクロモーフを制御していたように、「ネクサス」体内のシグナルを増幅させるという手段で、
要所である「ロゼッタ」という人物の研究所の位置を特定し、そこへ向かおうとするが、ロバートアイザックの足止めをし「ここで死んでくれ」「エリーのものだ」と言われて閉じ込められることに。まぁキネシスですぐ脱出するけど。
※尚、「ロゼッタ」の存在はオプショナルミッション「C.M.S. Greely」でも触れられる。

脱出した研究所出口で出くわしたのは跪くカーヴァーロバート、そして彼らにを突きつけるダニックらユニトロジスト。
実はロバートは「地球に帰りたい」という理由から秘密裏にダニックに位置情報を流し、アイザックを引き渡せば帰還用の船を提供してくれるという取引をしていた。死ねばいいのに
この事には部下であるカーヴァーも怒り「このクソ野郎…!」と罵倒する有様。最悪の上である。
しかし、ダニックは元々全員生かして帰す気はなく、射殺命を下そうとした直後にアイザックカーヴァーの反撃を受け、更に活動停止していた「ネクサス」が覚醒
アイザックカーヴァーはこの巨大な化物「ネクサス」と死闘を繰り広げ、撃破する…が、この期に及んでロバートは「この状況は全部貴様(アイザック)のせいだ!」「お前エリー勇気づけたからだ!」とゲスさフルスロットル
怒りに任せてアイザックに向けるが、逆にを撃ちぬかれて死亡。そして遺体は十中八九ソロでもCO-OPでもイジられる。

ロゼッタ研究所」に向かう途上、エリー馬鹿正直にロバートの件をありのままに言ったせいか、先導している中でかなりボロクソに言われるハメに・・・と言っても、割とすぐ冷静になって詳しい状況などを聞いてくるが。

山頂部でエリーらをケージで引き上げた直後、スノウビーストが再来。
チームの一人であるサントスを救おうと(恐らくこれまで差し伸べられた手を救えなかった経歴が原因)必死に手を伸ばすが、カーヴァーがケージのワイヤーを切断しサントスは転落死。
生き延びるためとは言えカーヴァーのこの行動に激怒するが、地盤が崩壊しつつあったのとスノウビースト粘着してきたことから転落、サントスと違い運良く生き延びたが、これまで何度も交戦したスノウビーストとここで血戦、設置されていたハープーンガンで引き裂き両断する。
ソロキャンペーン時に手間取るとカーヴァーが「ハープーンガンを使え!」とアドバイスしてくれる。

アイザックカーヴァーエリーの三人は「ロゼッタ研究所」で驚くべき真実の当たりにする。
ロゼッタ」は人間ではなくエイリアン、即ちタウ・ヴォランティスの先住民族だったこと。そのロゼッタから抽出したデータを基に、タウ・ヴォランティスは「The Markerの故郷」などではなく、エイリアン達も「The Marker」を発見したに過ぎず結果的に制御できなくなり「収束」を引き起こしてしまったことが判明する。
「2」から示唆されていた「収束」の結果こそがタウ・ヴォランティス─「The Moon」だった。
そして数多の「The Marker」が宇宙中に散らばったというものだった。
地球で発掘され、多くの惨劇の元となった「Black Marker」もその一つに過ぎない。
※後に明らかになるが「The Moon」はマーカーシグナルを介して休眠している「Brother Moons」とのネットワークを持っている。これらは文字通り「々を食らう化物
だが、「収束」自体はエイリアン達が最後の手段として「マシン」を起動、本来惑星だったタウ・ヴォランティスごと凍結したことにより「The Moon」とタウ・ヴォランティスに残る「The Marker」を封印。
この「ロゼッタ」の記憶を基としたデータが格納されたシリンダー状の機械プロローグにも登場した「コデックス」が「マシン」の制御キーであり、アイザック事実の当たりにし惚けながらも手にする…が、既に研究所まで追跡してきていた直後にダニックにを向けられる。
そして、ダニックは「マシン」を止め「The Moon」をめさせることを論み、「コデックス」を奪い取る。
が、アイザックは咄嗟の機転で研究所に高熱ガスを蔓延させ、ユニトロジスト部隊を焼き払うがエリーの脱出まではわず、「彼女の全てだった!!」とカーヴァーに吐露するが、「彼女がこの任務の重要性を一番理解していた」と諭され、アイザックカーヴァーダニックらユニトロジスト・そしてネクロモーフをも巻き込んだ壮絶な「コデックス」争奪戦を開始。…っていうか「2」でも似たようなこと言ってたよねアイザックさん。

細かいくだりはソロCO-OPで異なる(カーヴァーが別行動を取るなど)が、弾と弾・怪物の撃にまみれながらも「コデックス」を奪還、そして200年前にDr.セラーノが行おうとしていた「マシン全な作動による、Markerの封印」の足取りを追い、地下の遺跡─厳密には、エイリアン都市部と思われていた「マシンそのもの」を舞台ネクロモーフ・ユニトロジストらを駆逐しながらマシン始動部まで辿り着く。

しかし、そこに現れたのは実は何とか脱出に成功していたが捕虜となっていたエリー彼女を突きつけるダニックだった。
アイザックは「コデックス」の引渡しを渋るが、アイザックと似たような遇でありながら全てを失ったカーヴァーはあえてアイザックから「コデックス」を奪いダニックに引き渡す。
そしてダニックは「The Moon」の再動に歓喜しながら瓦礫に押しつぶされ、カーヴァーアイザックエリー地球に帰還するように言うが、アイザックは「抜きじゃ出来ないぞ!MarkerKillerだぞ、忘れたか?」と「The Moon」に立ち向かうことを決意。
エリー一人を逃し、崩壊する遺跡と地表、そしてネクロモーフの猛攻を掻い潜り、挙句生命維持装置の一つであるヘルメットまた全破壊しつつも、ついに「The Moon」と対面。
エイリアン制作した、ステイシスやキネシスの効果を劇的に引き上げるスーパーチャージユニットを利用することによって「The Moon」の直接「The Marker」を叩きこむという荒業で撃破。

重症を負いながらも「マシン」の前に立ったアイザックカーヴァー
戯言はないな?俺達はここで死ぬ
だが、地球明日は来る
そう言い、「マシン」を起動。「The Moon」を全に封印するが、宇宙空間に放り出される二人。

宇宙を漂うアイザックは最初にロバートに奪われ、射殺した時に取り返した「エリー写真」を手放し、静かにを瞑る──

The Moon」の位置から離れた宙域、ガンシップの中でエリーは泣きながらも、タウ・ヴォランティス上のマーカーシグナルが消滅したことを確認。アイザックカーヴァーの二人がやり遂げたことを知り、
The Moon」が沈んだタウ・ヴォランティスを背に、地球を「Tha Marker」の脅威から救うための手段を手に帰還する。

しかし、エンドロール後、アイザックからエリーに向けた通信が…。

ただ、「1」同様チャプター名の頭文字を繋げると「Brother Moons are awake
つまり「Brother Moonsは覚めている」──そしてエピローグ、「Awakened」へ…。

Awakenedにおける( 三)

「3」のDLCシナリオAwakened」は本編ネタバレを大量に含むため全文化。
プレイ自体も本編終了後を推奨。

The Moon戦後と共にタウ・ヴォランティスに落下したアイザックカーヴァーの二人は、奇しくも「エイリアンマシン」によって生存していた。
アイザックは「俺達は死んでいるのではないか?」と疑問を呈するが、地表に墜落したの残骸から自分達がやり遂げたことを確認する。
ちなみにカーヴァーは共に死線をくぐり抜けてきたのと似た者同士からか、「死人さんよ」とブラックジョークを飛ばす等、冷だった本編べると較的饒舌で態度も軟化している。

しかし、マーカーシグナルの消失によって現存しなくなったはずのネクロモーフ達が健在ダニックが率いてきたユニトロジスト強襲部隊の残存チームが次々に発狂、更にアイザックカーヴァー内に干渉してくる「Brother Moons」等、「Tha Marker」に関連する事態が終わってないことが判明。
この事を一刻も地球に伝えるべく、アイザックカーヴァーの両名は武器を手に再び奔走することになる。

幸いユニトロジスト部隊が使用していたガンシップ一隻手に入れたものの、地球圏への帰還に必要なショックポイントドライブが破壊されており、この代わりを見繕うために本編前半の舞台となった大宇宙船「CMS Terra Nova」へ移動。

しかし、「Terra Nova」を拠点にしていたユニトロジスト達が不穏な動きを見せており、元々カルト教団だったのがCult Leader(ランドル・カー祭)を筆頭に狂信者達がますますマジキチ集団化。
の技により船内装飾は悲劇的ビフォーアフターが施されており、至る所に「The Marker」のペイントが施されていたり、スラッシャーをイコンとして飾る等など…。
幻覚に織り交ざって狂信者達に襲われるが、中でも度々アイザックの前に現れるCult Leaderは何故か一切攻撃を受け付けない他、瞬間移動による急接近からで切り裂く・ステイシスを放つなどで翻弄してくる。

本編ではオプショナルミッションの舞台になった「Conning Tower」でショックポイントドライブを手にするも「Moons」のにより「自分達の帰還が「」達を地球に導いてしまう」と考え、帰還を優先視するカーヴァーと対立。
リアクターショックポイントドライブを破棄しようとするが脅迫観念が原因なのかカーヴァーの幻覚に襲われ、更に「2」の「Gold Marker」戦同様精世界に移行、「The Marker」及びCult Leaderとの決戦となる。

世界内で辛うじて勝利したアイザックCult Leader、そして「Moons」の言動から「Brother Moonsは最初から地球の位置を知っていたいはCult Leaderを介して知った)、そして自分達の足止めが的だった」事を知り、地球に帰還するためリアクターに向かい、「Terra Nova」の動オーバーロードさせてショックポイントドライブを起動する。
※これは本来ユニトロジスト残存部隊の帰還手段だったが兵士虐殺カルトと化した祭によって阻止されていた。

結果として「Terra Nova」のショックドライブに成功、アイザックカーヴァーの両名は地球圏への帰還を果たす。
しかし、通信装置から聞こえてきた音ネクロモーフの雄叫びと逃げ惑う人々の絶叫。
次いでにしたのは、地球を取り囲むMoons
そして、二人が乗る「Terra Nova」の眼前にまで「The Moon」が現れ───

ただ、(本編進行状況に関係なくスノウスーツなのはともかく)「The Moon」戦で全に破損したはずのアイザックヘルメット最初から普通に動作している上に最終決戦時に負った頭部の傷すらくなっている舞台である「CMS Terra Nova」では本編中存在しなかったスーツキオスクや動炉への通路が存在する(ただ、リアクターは間に合わせで作られたとカーヴァーっているが)・本編中、CO-OPミッションに幻影としてのみ登場した幼児ネクロモーフ「パック」がこの惑星に存在しているIshimuraと違い臓器移植用のクローニング装置が存在しない。実際、新生児が素体のラーカークロウラーが「3」に登場しない)等、
数々の矛盾が生じており「このAwakenedという物語自体が本当にあった出来事」ということそのものが定かではない。

この物語事実か幻覚かは「4」で明らかになるだろうが、現状は不明である。

( 三)の能力

エンジニアとして優れているのは上述の通りだが、ゲームシステムの都合上もあって大概に人間離れしている。

その一方で、

と、残念な部分も割とある。

に説明するとネクロモーフに対して滅法強いのは、生態上「対人用」の銃器で「射殺する」より、
「資材用」の工具で「四肢をぶっ飛ばす」方がかに効果的な事がな理由。(特に1では顕著)
また、アイザックは経歴上、工具の扱いに長けている事も加えて電気工学等にも明るいため普通ならな武器のオーバークロック気で行える。(余談だが元エンジニアヴァンダル等も同じ芸当が可)
即ち、頑丈な「資材」を切断するための「工具」も彼(いは優秀なエンジニア)の手にかかれば、より悪な「」そのものとなる。

ただ、護身用に銃器ではなく、プラズマカッターを所持している(「3」冒頭)のはエンジニア故なのかは不明。
しかも直後にカーヴァーから渡されるサブマシンガンよりもカッターの方が対人でも強いと来ている。(ゲームシステム人間は部位破壊一箇所で即死する他、カッターの性質上ヘッドショットも狙いやすい)

なおパルスライフルシーカーライフル等と言った銃器類を難なく扱えるのは、上述の通り海兵隊時代に軍事訓練を多少なりとも受けていたためと思われる。といっても、年齢を考えると「1」では20年近いブランクがあるが。

…まぁこれだけ強いとタイドマンのセキュリティチーム200人相手にガチ勝負で勝てる気もするんだが。
実際、「3」では地球政府を崩壊寸前まで追い込んだ、ダニック率いるユニトロジスト部隊をソロキャンペーン時ではほぼ一人でめて返り討ちにしてるし。

後、元々彼が騙されやすい訳ではなく選択の余地がないことや、状況に振り回されることが多い。
内にマーカーシグナルがあるため、地球政府・ユニトロジー教会、果ては「The Marker」にとって重要な存在ということもある。
女性関係は擁護不能

余談だが、「2」の終盤に「工具を捨てて投降しろ!」と言われるシーンがある。
彼の戦いぶりを徴付けてるとも言えるが、こんなこと言われるのは後にも先にもアイザックくらいではないだろうか。

( 三)の性格

一作では具体的な性格付けはく、基本的に無口示待ち人間
これはアイザックプレイヤーという意図から。(「1」は特に臨場感を重要視した設計になっている為)
ただニコールに関しては別で、終盤で発覚した事実にした時はプレイヤーの手から離れてを背けるシーンがある。

具体的なキャラ付けがされたのは「2」からで、合わせて外見も若返っている。(ただ、頭頂部はかなりキてる)
「2」「3」での外見はを演じるガンナー・ライト氏に似せているが、これは演技にリアルさを出すという意図から。
ちなみにこれはアイザックだけではなく「1」のハモンドケンドラ「2」ニコール等も中の人に似せてモデリングされている。
(状況が状況とはいえ)結構口汚く、スタンプ時には「Fuck!」「Shit!」「Die!」と叫んだり愚痴が多かったり、敵対人物を罵倒したりすることも。
その一方、割と内向的。本音を口に出来ない部分があることや、口に出さない優しさ・自己犠牲的な部分も多い。
「2」の終盤ではエリー一人をスプロールから脱出させ、自分一人で立ち向かったり等。

また、「1」から狂いっぱなしの人生からか、追い込まれると途端にヘタレてしまうことも。

そういう意味では「3」のパートナーである、カーヴァーとは似た者同士と言える。(これは開発者インタビューでも言及されている)

尚、カルト教団ながら宇宙中に布教し、人類の半数が信者とされるニトロジー教会(信者は「ユニトロジスト」と呼ばれる)に対して、強い反抗意識・敵意を抱いている。
これは上述のの件に加え「USG Ishimura」・「The Marker」を巡る事件等、彼の人生に多大な影を与えてしまっていることからだと思われる。
※ちなみに彼以外にもユニトロジストを嫌悪している人物は少なくなく、別にしいことではない。

( 三)ノ永遠の相棒プラズマカッター、ついでにその他諸々

カッター以外の工具や武器が気になる方は各攻略サイト等を参照。

( 三)スーツ

アイザックさんと言えばエンジニアスーツだが「2」からは多数のスーツが登場し、
「3」でも新たなスーツが登場する。これらを一部紹介。
なお、エンジニアスーツを含め、重力下で歩行を容易にするためのグラビティブーツ重力靴)が装備されている他、「1」では着地地点を狙ってジャンプする事が可「2」からはジャンプされた代わりに全スーツにスラスターが内蔵され、重力間を自由に動ける他、巡航飛行(イベント時)も可
またアイザックスーツヘルメットバイザーの上に保護用装甲が装着されている模様。
「DownFall」の調隊や「Extraction」のサム・キャドウェル、「2」セキュリティチームと見べると解りやすい。
ちなみにヘルメットは「1」ではガス汚染が原因でで脱げなかったり、「2」では肝心な時に限って外れたり、「3」では2度も破損したり・・・と、あまり役に立ってる印がない。
ちなみに「3」のチャプター1での私姿時と、「2」ハッカースーツヘルメット(というかマスク)や胸元のパネル・スラスターの有くらいしか差がない。

( 三)ノ関連動画

※以下グロ注意

プレイ動画ファンメイト動画

( 三)ノ関連商品

アイザックさんの相棒

アイザック違い

関連項目・ゲスト出演作品

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2017/12/17(日) 20:59:15 ID: jT6f9c1tqj

    格を着て工具を武器にする後輩が登場した模様
    詳しくはザ・サージで検索

  • 63ななしのよっしん

    2019/02/19(火) 19:10:56 ID: 3H0dUUyjSG

    ( 三)<ふむふむ。最近は「Apex Legends」とか「anthem」とかが流行ってるそうだな。
    EAがを呼んでくれたらプラズマカッターで戦ってやるぜ!!

  • 64ななしのよっしん

    2019/02/19(火) 19:33:46 ID: K/W1QbbqOO

    アンセムスーツだし是非来てくれ・・・こっちの世界マグロいないから安心だぞ(本職エンジニアとは程遠い職業だが)

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP