任天堂アーケードゲーム単語

ニンテンドウアーケードゲーム

任天堂ゲームと言えばファミコンゲームボーイなどの家庭用ゲーム機だが、ファミコン発売以前はアーケードゲームそれなりの数を販売している。

この記事は任天堂がかつて制作に関わったアーケードゲームを紹介する記事です。
任天堂アーケードゲームとは便宜上この記事につけた名称であり、公式の名称ではない。

概要

任天堂アーケードゲームを作るきっかけになったのは1970年から販売された太陽電池を応用した電子玩具の「光線銃」「光線銃SP」の大ヒットであった。
光線銃の成功に商機を感じた任天堂は、1973年ブームが終わったボーリング場の跡地を活用したレジャー施設「レーザークレー」を展開し、レジャー部門を担当する子会社任天堂レジャーシステム」も設立。
光線銃」の人気もあって世間の食いつきはよく、日本各地のみならず世界展開の計画すらあったらしいが、折悪く第一次オイルショックが起こり客足は途絶え全展開の計画は頓挫。結果的に多額の負債を負うことになる。

その翌年の1974年制作された光線銃の仕組みを応用した業務用ゲーム機「ワイルドガンマン」こそが任天堂初のアーケードゲームである。

任天堂が販売したアーケードタイトル

アーケード筐体はレーザークレーのために作られた子会社てある任天堂レジャーシステム社から販売されていたが、1983年任天堂からの販売に切り替わっているのがチラシなどから見て取れる。

インターネットが全く普及していない時代の製品なこともあり情報がかなり少ない。まともな映像すら見つからないものもある。そのため情報の抜けや間違った情報が存在する可性があることに注意。

実写投影、光線銃派生

スクリーン投影された実写映像を元に遊ぶゲーム。多くが光線銃ゲームである。

単色モノクロディスプレイ

スクリーン投影ではなくディスプレイに直接表示する形になった。初期は単色であり、カラーフィルム物理的に取り付けることで擬似的にカラー表現をするカラー版も存在する。
テーブル筐体やアップライト筐体て販売されていた。

単色カラーディスプレイ

範囲ごとに色を出できるようになった。
しかしまだ一つのオブジェクトに同時に1色しか出できない。

複色カラーディスプレイ

一つのオブジェクトに複数の色が使用できるようになり、少ないドット数でも形状の表現が可になる。

任天堂VS.システム

ファミコン発売の翌年の1984年に登場した汎用筐体。ファミコンと互換性があり、ほとんどがファミコンソフトアーケード仕様版で、オリジナルソフトファミコン逆輸入された。
業務用機なだけはあって性ファミコンより上でファミコンソフトになかった演出や逆輸入の際にオミットされた要素がある。
二つの画面が向かい合うように設置されたい筐体。2つの画面は対戦や協力プレイすることを想定した設計であり、対面に座ることで相手の画面を見ることができないようになっている。片側の画面に2セットずつボタンが用意されているので肩を並べてのマルチプレイもできた。最大同時プレイ人数はテニスの4人。
海外ではアップライト筐体となり向かい合う配置ではなくなったが「く」の字にディスプレイが配置されていて相手の画面は見えないのは変わらず。

キャッスルヴァニアなど任天堂以外のメーカーからもVS.システムゲームが発売されている。(この記事で扱うのは任天堂ソフトのみ。)

1985年1986年あたりで日本では任天堂アーケードから撤退し始めたため後期のゲーム内では発売されていないが、日本逆輸入されている場合がある、

メダルゲーム

遡って投影式のワイルドガンマン等を作っていた頃、メダルゲームも販売している。映像の結果を予測してメダルベットするゲームのみ存在する。
タイトルEVRとはElectronic Video Recording略称で、たく言えばロール状の磁気テープの規格である。

他の会社が制作した任天堂キャラクターを用いたゲーム

任天堂アーケード事業から撤退した後は他のゲーム会社がゲームタイトルを借りるような形でアーケードゲームをいくつかリリースしている。

100円玉ゲーム

メダルゲーム

ポケモンのアーケードゲーム

ポケモン関連のアーケードゲームについてはここではタイトルのみ紹介する。

関連動画







関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

任天堂アーケードゲーム

1 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 20:40:27 ID: O41rXKHqWj
コンピューターオセロ(1978)
確かこのゲーム家庭用ゲーム機として、中身そのまま商品化されたらしい。
コンピュータTVゲームがそれ。
2 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 21:53:09 ID: 7A4++Was5i
ワイルドガンマンが実は重鎮っていうのは意外
3 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 23:38:50 ID: q4mgiEN+jH
乱闘なりメイドインワリオなりでなんらかの形でここの移植や客演のない作品群の要素を拾ってもらえる日は来るのか
スカイスキッパーの飛行機アシストフィギュアで登場させやすそうだけど
シューティングゲーム系の自機は…うーん
4 ななしのよっしん
2018/03/27(火) 01:41:09 ID: 7A4++Was5i
ここに載ってないのだとスーパーマリオブラザーズ マッシュルームワールドなるピンボールがあるらしい
あと本場のカジノスロットマシンもあったとか

急上昇ワード

2019/10/17(木)11時更新