ガンダムEz-8単語

ガンダムイージーエイト
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ガンダムEz-8RX-79[G]Ez-8 Gundam Ez-8)とは、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する人型機動兵器陸戦型ガンダムの現地修機の一つである。パイロットシロー・アマダ
デザイン山根利による。

概要

アプサラスとの交戦で中破した陸戦型ガンダムシロー機を、修復の際に魔改造修した機体。
元々陸戦型ガンダムは正規の補修部品の調達が困難な機体であったため、修復の際には現地で調達可パーツでやりくりする形が取られている。
いわば応急処置を兼ねた現地修であり、これにより本機は“08小隊の特別機”(Extra zero 8)という特殊仕様機となった。

外見上の特徴としては、ガンダムタイプ徴とも言うべき頭部マルチブレードアンテナ止されている点が挙げられる。これは密林での作戦行動中にこのアンテナが引っかかるなどして破損しやすかったためであり、通信機を補うために頭頂部に固定式のロッドアンテナを1本備えている。この他頭部に固定武装として35mmバルカン砲を2門追加している。
また、胸部装甲は正規部品ではなく撃破したザクシールドを再利用している。このため装甲材質としてはグレーダウンしているものの、構造の単純化により軽量化と耐弾性を両立し、整備性も向上している。この際胸部バルカン砲/マルチランチャーはオミットされ、コクピット下部に12.7mm対人機を備えている。
この他、防御面では前面の非装甲部分の面積を極減らすために全身のダクトやインテーク部分は装甲で覆われており、関節も極露出しない構造となっている(首や関節など)。

従来のガンダムには見られなかった陸戦兵器としての泥臭さを前面にアピールした機体であり、08小隊という作品及び、シロー・アマダ乗機として代表的なメカであるが、登場したのはかなり後半で、参加した戦闘も非常に少ない。
劇中ではジオン秘密基地攻略作戦などから使用された。この頃カレン機がジム頭になっていたことから、08小隊陸戦型ガンダム全員外見上の差異が生まれることとなった。

グフカスタムと交戦し辛くも撃破するが、その後アプサラスⅢと熾な攻防の末、ジムスナイパーによる横で左腕をもがれ、最後はアプサラスに右ストレート打ち込みつつ半身を吹き飛ばされ、相討ちの形で大破した。
その活躍の期間はあまりにも短かったが、中の人檜山修之がお気に入り機体としてあげるなど、他のガンダムにはない渋い特徴から人気が高い。

ちなみに、Ez8の名前の由来は、第2次大戦当時の米国戦車M4シャーマンの後期生産であるM4A3E8イージーエイトと呼ばれていたことから。

派生カスタム機

Ez-8(コアブースター装備)
何かと賛否の分かれる小説版で登場。
下半身をコアブースターに換装して理やりを飛ばそうとした状態で、飛べるかどうかすらわからない(テストさえしていない)上、中での機動性はきに等しいという全な間に合わせの機体。
1stガンダム(TV版)にいてザクレロ戦の際に使用されたガンダムMAモードオマージュなのだろうか。
Ez-8
初登場はWS用ソフト「ギャザービート」から。
地上戦用だったEz-8を修し、宇宙戦に適応させたもの。
初出のギャザービートではニナ・パープルトン修し、ギャザービート2やアドバンスではアルフ・カムラ(アドバンスではドクターJ)が内部機構をグリプス戦役時の技術で修したものになっている。
劇中ではシローの思い入れに感じ入ったアルフ(ドクターJ)のな心遣いなのだが、元々陸戦として再設計した機体をわざわざ宇宙用に装するって・・・
ちなみにギャザービート登場時は宇宙専用機だったが、2以降は汎用機扱いになっている。
ガンダムEz-8 ヘビーアームドカスタム(HAC)
前述のEz-8サラミスを取り付けた機体。
バックパックが丸ごとサラミス用のものに換装され、脚部には反動制御用にボールのマニピュレータが移植されている。
その代わり武装は減し、ゲーム内ではマシンガンサラミスしか使えない。
ギャザービート的にはこちらが正統派カスタマイズらしく、後述のHMCでは見る事の出来ないイベントもある。
ややこしいネーミングだが、「ヘビーアームズ」ではない。
ガンダムEz-8 ハイモビリティカスタム(HMC)
前述のEz-8ジャンクパーツから組上げられたモジュールベクタードスラスター」を装備、修した機体。
加えて全身の装甲を減らすことで運動性と機動性を上げることに成功している。
その代わりに打たれ弱く、武装もビームスプレーガンビームサーベルのみ、更に脚部は簡略化し過ぎて地上での使用は全に想定外(宇宙専用)とかなりキワモノの改造である。
改造に関係しているのがアルフ・カムラドクターJなので仕方ない・・・のかも知れない。

ゲームでの活躍

おなじくOVAガンダムで、やたら高性なのに低く扱われがちなガンダムNT-1べると、一年戦争機の癖して妙に良い扱いをされることが多い。
武装面が充実しており、しかもシローの「倍返し」が必殺技扱いされるため、火力も申し分ない。

ただし元が陸戦型ガンダムだけにコスト的には低く設定されやすく、当然そのコストに見合った性に落とし込まれている。また、陸戦用のため先に記したGジェネのように宇宙戦用Ez-8を捏造しないと活躍出来ないという事態も。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0ez-8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムEz-8

48 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 05:29:20 ID: NqByqjI+FF
>>40
やっぱ二話の密林でで倒したザクあたりが有じゃないかな、と。
そもそもあのザクあんな所で何無双やってたんだろう、って。
49 ななしのよっしん
2020/06/07(日) 05:56:10 ID: P6iPCkQtSZ
Ez-8は元の陸戦ガンダムパーツはどの程度使われているのだろうか?
パーツ交換したと思われる個所は、大破した右腕と右足、破損したアンテナバックパック、半分押しつぶされハッチも失ったコックピットブロック、後は熱していたところを見ると、ジェネレーターも交換したかもしれない。
さらに胴体もザクシールドをつけたり、武装の交換などして機体構造の手直しまでしているところを見ると、現地改造とはいえよほど整備の長けた場所で整備されたかもしれない。仕上がりも一見新機に見えるほどきれいだし。
50 (´・ω・`)
2020/11/05(木) 20:59:51 ID: qB05/NOQUj
装甲形状の単純化で材質の低下を補っているんだぞ。これは量産型ガンキャノンでもやっていて、あっちはチタンのくせしてオリジナルガンキャノンと同等の防御を実現している。

普通に考えて、
一枚の方が◎よりも耐久が上になるだろ…前者は被弾してもを交換すれば済むと言う整備性の良さ。
脚のアンクガードも、オリジナル
_

のようにくるぶしに稼働モータをそなえた形式から、
_

のように直接脚側に接続する形式になって、被甲範囲が増えている上に整備性が増している。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
51 ななしのよっしん
2020/11/05(木) 22:24:37 ID: P6iPCkQtSZ
いくら構造を単純化したところで装甲厚が変わらなければ、低品質のザクの装甲を代用している分、Ez8の防弾性は劣化しているのでは?
量産型ガンキャノンショットガンで撃ち抜かれる程度の脆い装甲に劣化していたし。
Ez8のコックピット正面の装甲を分厚くして、代わりに手足や背中などの装甲を薄くすれば、ザクの装甲で代用してもコックピット正面だけは陸戦ガンダム並みの防弾性を得られるかもしれないが。
52 (´・ω・`)
2020/11/06(金) 00:40:35 ID: qB05/NOQUj
ケンプファーショットガンルナチタニウムの弾殻を撒き散らす物騒なもので、量産型ガンキャノンの装甲が抜かれるのは仕方がないんだぞ

材質も重要だけど、装甲形状の差は視できない。
オリジナル陸戦型ガンダム胸部装甲は突き出したコクピットが、右胸はダクト、左胸は可燃物の塊の装弾数の増した60バルカンマルチランチャーに挟まれている。

いわば各個に独立した、強度の異なる装甲帯が三つ胸にあると言うことだ。ダクトは普通に形状のせいで強度に劣るし、ランチャーはいくらルナチタニウムで装甲されていても開口部が前面にあるのは如何にもまずい

それに対してEZ8は脆弱な左右のブロックを撤去し、コクピットの前面まで包括するの増加装甲を設けている。
たる装甲はこの一枚(原料はザク上部二枚だが)に統合されていて、コクピットは単純に装甲厚が倍増するし、被弾の衝撃を胸部全体で受け止める事が出来る為、堅性が段違いだ。
53 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 05:24:05 ID: P6iPCkQtSZ
ザクの装甲で装甲厚も変えずに形状の単純化だけで元のルナチタニウム装甲以上の防弾性を手に入れられたのが事実なら、それだけ陸戦ガンダムルナチタニウムの品質が低かったのかもしれない。
個人的には元の陸戦ガンダムの装甲の上にザクの装甲を後付けして防弾性は上がったものの重量も重くなった設定なら、Ez8が陸戦ガンダムよりも防弾性が向上しても納得できたが。
54 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 05:43:24 ID: P6iPCkQtSZ
Ez8の胸の装甲はザクシールドを二枚合わせたものらしいが、現地修理であの分厚いシールドをどうやって成したのだろうか?
55 (´・ω・`)
2020/11/06(金) 06:23:06 ID: qB05/NOQUj
>>53
公式陸戦型ガンダムは“地上戦に限りオリジナルRX-78と同等"とある以上、単純な装甲強度はガンダムと遜色いはずだぞ。

また、差引あるけど装甲重量自体は若干増えているはずだ

装甲が追加または変更された箇所は
額部 増加装甲
部 増加装甲
胸部 増加装甲部新造
※最終装甲形状単純化
※ダクトの外装とマルチランチャー撤去分軽量化
膝部 新造 形状単純化で強度確保
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
56 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 17:45:23 ID: P6iPCkQtSZ
プラモを見る限りはザクシールドで作ったとされるい装甲は元の陸戦ガンダムの装甲を引っぺがして取り付けられているように見えるのだが、元のガンダムの装甲の上にザクシールドを付けるわけにはいかなかったのだろうか?
57 ななしのよっしん
2021/01/24(日) 16:41:21 ID: 8hPspOZgUH
元々共食い整備前提の陸ガン陸ジムの堅だがスペアの入手が困難なルナチタ装甲ではなく、胸部は被弾しやすい個所だから頻繁に交換可な装甲材に切り替えたってことなのかもしれん。

加工に関してはビーム兵器の技術を応用すれば小規模な基地の工場でもパーツの切り取りくらいはできるんじゃないだろうか

おすすめトレンド