1999年クラシック世代単語

センキュウヒャクキュウジュウクネンクラシックセダイ
6.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

1999年クラシック世代とは、競馬において1996年に生まれ1999年クラシック競走を走った(旧4歳、現3歳を迎えた)競走馬の世代である。

概要

初の古馬王道GI全勝、要四競馬場GI制覇、天皇賞三連覇、GI7勝、獲得賞世界一位となった「世紀末覇王」ことテイエムオペラオーを代表とする世代。そして、その世紀末覇王に挑み続け対戦6度となる宝塚記念覇王を破ったメイショウドトウ、前述2頭の引退後も現役を続行して下の世代の壁となったクラシック三強の一ナリタトップロードの三頭が稼ぎ頭。この3頭だけで約37億円を稼いでいる。

クラシックでは、は前述のテイエムオペラオーナリタトップロードに加え、タイレコードダービーを制したベガ産駒アドマイヤベガサイレンススズカの半で長距離を得意としたラスカルスズカらが三強や四強と呼ばれて鎬を削った。では、デビューから28日という史上最短記録GI優勝を果たしたスティンガードバイワールドカップ世界最高着順となる2着[1]に入ったトゥザヴィクトリーの12期生に最初のGI勝利プレゼントしたプリモディーネ、人ともにサウスポーと呼ばれたウメファイバー桜花賞2着にエリザベス女王杯2年連続2着と惜しくもGIタイトルに手が届かなかったサイエアデールらが戦を繰り広げた。人気薄で秋華賞1着・3着に付けたブゼンキャンドルクロックワークも忘れてはならない。クロックワークやんけ!!!!!!

距離には、サクラバクシンオーレコード更新して史上2頭となるプリンGI制覇を果たしたトロットスター安田記念で最長GI勝利間隔となる1267日ぶり2つGI勝利を挙げたアドマイヤコジーン新馬戦から4連勝でNHKマイルカップを制覇したシンボリインディマイルチャンピオンシップを勝ちトウカイテイオー産駒初のGIとなったトウカイポイントらがいる。

その他の芝の活躍としては、薔薇一族の重賞5勝ロサードレガシーワールド記録を抜いてJRA騸馬王となったマグナーテン、同じく騸馬にしてJRAの抽籤ホットシークレット、鋭い末脚で営の期待が非常に高かった外国産馬マチカネキンノホシ目黒記念連覇など長距離の実だったトシブイロジータ初の重賞産駒イブキガバメント、といった面々が長く中距離~長距離重賞で常連を務めた。短距離では、日本競馬史上初めて1000m53台を記録した「メジロ史上最速」の快足メジロダーリング、驚異の脚で二つのレコード記録するなど存在感を示した初代「前が壁ハンインドザマスの活躍も見られた。他、高速ステイヤー三羽の一頭サンエムエックスや、ステイヤーズSで後の世紀末覇王テイエムオペラーを破ったインテドブラックJRA所属のままフランスデビュー英オークス4着後に日本に帰したサンデーサイレンス産駒初の海外重賞帰国子女サンデーピクニックなどがいる。

ダートでは、フェブラリーS優勝ノボトゥルーを筆頭に、スプリントで圧倒的な強さを誇った後の大種牡馬サウスヴィグラスながら南部杯を圧勝するなど短距離中心に活躍した二代「砂の女王ゴールドティアラ、中距離GIで1着1回・2着4回・3着3回の「いぶし銀川崎記念優勝リージェントブラJRAレコード東海Sを連覇したハギノハイグレイらがGI戦線で活躍した。また重賞勝利には、3.1差圧勝の未勝利戦話題となり、プロキオンSゴールドティアラの、根岸S東Sでブロードアピールの、それぞれ伝説的末脚に屈する2着の役割を演じたエイシンサンルイスがいた。

地方では、ベラミロード宇都宮競馬を、トーホウエンペラー岩手競馬を賑わした。その他にも、南関東レコードとなるデビューから敗の17連勝を記録したベルモントアクター敗で関東オークスを制したヤマノリアル、18年ぶり2頭のホッカイドウ三冠馬モミイレブン金沢移籍後に15戦13勝の成績で金沢代表に2度選ばれた「金沢ホシオー新潟競馬史上一のNARグランプリ受賞ハイテンションパルなど地域ごとに注がいた。他、JRAからの移籍組だが、東京盃サウスヴィグラスの連勝を止めたハタノアドニNARグランプリ最優秀短距離に表されている。

この世代はJRA重賞勝利記録GI対数記録GI複勝圏数記録GI入着数記録、獲得賞記録といったそれまでの世代記録を軒並み更新した世代である。世界レコード1回、日本レコード6回を含む数多のレコードタイム記録し、2021年終了時点でも20世紀のクラシック世代では最多となる3つの日本レコードと3つのJRAコースレコードを保持している。他に、当時開催されていた中央地の芝G1全制覇、芝GI勝利数最多タイGIでの1・2着独占8回[2]GIでの1~3着独占3回[3]といった戦績をあげた。

この世代の特徴の一つは、その層の厚さにある。なにしろ稼ぎ頭である世代代表テイエムオペラオーがいなかったと仮定してみても、2着以下まで同世代ので独占[4]してしまっているため、残りのだけでも重賞勝利数最多記録や芝GI勝利数最多タイ記録、芝G1全制覇が達成できてしまうほどだったのである。

また、この世代はサラ系以外も当たり年で、アングロアラブにはマリンレオワシウジョージホマレスターライツイーシーキングが、ばんえい競馬には史上最強の名をほしいままにしたスーパーペガサス[5]がいた。NARグランプリの年度代表馬2000年から2002年まで3年、アングロアラブ部門の最優秀古2000年から2003年まで4年、ばんえい部門の最優秀2002年から2005年まで4年、この世代が続けて受賞している。

上述以外で特筆性のあるとしては、負け続けることで話題となった高知競馬ハルウララJRA所属サラブレッド最多出走記録となる127戦を走ったハートランドヒリュYouニートユウワニート産駒の働き者でNARサラブレッド最多出走記録となる300戦を走って13勝を挙げた「アイアンホースダイナブロス、初勝利重賞制覇という奇妙な戦歴を持ち日本調教として初めてオーストラリアGI競走に出走したキングオブサンデー、6連勝なのにオープン勝利ロードモンタナ、旧4歳にして歴戦の古を打ち負かし嵐山ステークス最後の優勝となった初代サクセスエナジーワシウジョージにも先着したことがあるアングロアラブ重賞なのだが某名馬名前が紛らわしいマノノトップガンユキチャンソダシなどW14白毛遺伝子の始祖となったシラユキヒメなどがいる。

勝利馬

中央平地GI級

中央地22勝。

世代別GI

競走名 1998年(現2歳/旧3歳) 1999年(現3歳/旧4歳)
朝日杯3歳ステークス アドマイヤコジーン
阪神3歳牝馬ステークス スティンガー
皐月賞 テイエムオペラオー
東京優駿
日本ダービー
アドマイヤベガ
菊花賞 ナリタトップロード
桜花賞 プリモディーネ
優駿牝馬(オークス) ウメファイバー
秋華賞 ブゼンキャンドル
NHKマイルカップ シンボリインディ

古馬GI

競走名 1999年(現3歳/旧4歳) 2000年(現4歳/旧5歳) 2001年(5歳) 2002年(6歳)
フェブラリーステークス ノボトゥルー
天皇賞(春) テイエムオペラオー テイエムオペラオー
安田記念 アドマイヤコジーン
宝塚記念 テイエムオペラオー メイショウドトウ
高松宮記念 トロットスター
天皇賞(秋) テイエムオペラオー
エリザベス女王杯 トゥザヴィクトリー
マイルチャンピオンシップ トウカイポイント
ジャパンカップダート 2000年新設
ジャパンカップ テイエムオペラオー
スプリンターズステークス トロットスター
有馬記念 テイエムオペラオー

中央障害重賞

競走名 1999年
(現3歳/旧4歳)
2000年
(現4歳/旧5歳)
2001年
(5歳)
2002年
(6歳)
2003年
(7歳)
2004年
(8歳)
阪神スプリングジャンプ
中山グランドジャンプ
京都ジャンプステークス ユーセイシュタイ
東京ハイジャンプ ダイワデュール メジロロンザン
新潟ジャンプステークス ヒカルボシ マルゴウィッシュ
小倉サマージャンプ ギフテッドクラウン
阪神ジャンプステークス テイエムダイオー
東京オータムジャンプ ギフテッドクラウン ヒゼンホクショー メジロロンザン
京都ハイジャンプ テイエムダイオー メジロライデン
中山大障害

地方ダートグレード競走GI級

世代戦

競走名 1999年(現3歳/旧4歳)
ジャパンダートダービー オリオンサンクス
ダービーグランプリ タイキヘラクレス

古馬GI

競走名 1999年
(現3歳/旧4歳)
2000年
(現4歳/旧5歳)
2001年
(5歳)
2002年
(6歳)
2003年
(7歳)
川崎記念 リージェントブラ
帝王賞
マイルチャンピオンシップ南部杯 ゴールドティアラ トーホウエンペラー
JBCスプリント 2001年新設 サウスヴィグラス
JBCクラシック 2001年新設
東京大賞典 トーホウエンペラー

英クラシック

競走名 1999年(旧4歳)
1000ギニーステークス Wince
2000ギニーステークス Island Sands
オークスステークス Ramruma
ダービーステークス *Oath
セントレジャーステークス *Mutafaweq

米三冠

競走名 1999年(旧4歳)
ケンタッキーダービー *Charismatic
プリークネスステークス *Charismatic
ベルモントステークス Lemon Drop Kid

ニコニコ大百科に記事のある競走馬

国内

海外

関連リンク

関連項目

前世代 当記事 後世代
1998年クラシック世代 1999年クラシック世代 2000年クラシック世代
競走馬の世代一覧
クラシック世代別
1930年代 1923 ・・・・ 1932 1933 1934 1935 1936 1937 1938 1939
1940年 1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949
1950年 1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
1960年 1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969
1970年代 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
1980年代 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
1990年代 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000年代 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
2010年代 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
2020年代 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029
関連項目
競馬 競馬  
競走馬(競走馬の一覧) - サラブレッド - サラブレッド系種 - アングロアラブ - 輓
騎手(騎手の一覧) - 調教師(調教師一覧) - 馬主(馬主一覧)
勝負服 - 冠名 - 一口馬主
三冠馬牝馬三冠 
競馬界の三強(元祖三強 - 関西三強 - TTG - 平成三強 - BNW - 97年古馬三強)
松国ローテ - 予後不良
レース 馬券(万馬券) - 3連単 - WIN5
日本競馬 - 地方競馬(ナイター競馬) - ばんえい競馬 - 海外競馬
競馬の競走の一覧(競馬の伝説のレース集) - 八大競走 - ダートグレード競走
メイクデビュー - 未勝利戦 - 条件戦 - オープン戦 - 重賞(リステッド競走) - 障害競走 
フルゲート(ばんえいフルゲート) - 高速馬場 - ダート - SMILE区分 - 国際格付番組企画諮問委員会
 競走馬のクラス分け - 収得賞金負担重量 - 騎乗停止 - タイムオーバー 
サマーシリーズ - 冠協賛レースシリーズ
関連施設 日本競馬会 - 競馬 - 日本中央競馬会(JRA)
栗東トレーニングセンター - 美浦トレーニングセンター
 - 競馬学校
社台グループ(社台ファーム - ノーザンファーム - 追分ファーム)
千明牧場 - シンボリ牧場 - メジロ牧場(レイクヴィラファーム) - ノースヒルズ 
ゴドルフィン - クールモアスタッド
WINS - ラジオNIKKEI
その他 血統表 - インブリード - サイアーライン - ファミリーナンバー - シンジケート - 馬の毛色
JRA賞(特別賞) - JRA顕彰馬 - JRAヒーロー列伝 - JRAの本気 - 名馬の肖像 - 夢の第11レース
グリーンチャンネル - 中央競馬ワイド中継
国際競馬統括機関連盟 - ロンジンワールドベストレースホースランキング
20世紀の名馬100 - エクリプス賞 - 20世紀のアメリカ名馬100選
ジェネラルスタッドブックの第1巻に記載されている102頭のサラブレッドの始祖種牡馬一覧
準三冠馬 - 新聞の読める馬 - リードホース
ゲーム ダービースタリオン - ウイニングポスト - JAPAN WORLD CUP
チョコボスタリオン - my sweet ウマドンナ〜僕は君のウマ〜
ウマ娘プリティーダービー(競馬実況ウマ娘リンク)
漫画
アニメ
馬なり1ハロン劇場 - 風のシルフィード - みどりのマキバオー 
けものフレンズ - ウマ娘シンデレラグレイ
ニコ百 ウインガー - ダメジャー - サクセスブロッケン!!!!!!
プペペポピー - ヨシトミシネー - 公式が予後不良 - ブロコレ - AIR5
阪神大笑点 - 京王杯スリリングカップ - ババヲナラスクルマ
ヒシアケボノでかすぎ - メロディーレーンちっちゃすぎ
外部リンク JRAホームページexit - 地方競馬情報サイトexit - 南関東4競馬場exit - ばんえい十勝公式ホームページexit
netkeiba.comexit - JBISサーチ(JBIS-Search)exit
競走馬のふるさと案内所exit - 認定NPO法人引退馬協会exit

脚注

  1. *現在も最高記録。次点は2018年に5着に入ったアメリカフォーエバーアンブライドルド
  2. *最多記録1988年クラシック世代の7回を更新
  3. *3回以上達成は独占4回を記録した1988年クラシック世代以来11世代ぶり。JC3着のファンタスティックライトを含める場合は4回となり、1976年クラシック世代1988年クラシック世代に続く3例
  4. *テイエムオペラオーが勝った古重賞10勝のうち9回が同世代決着。ちなみに1~3着まで独占は4回、掲示板独占は1回。
  5. *記録は、ばんえい記念4連覇(史上初)、全競馬場の記念競走全制覇(史上2頭)、獲得賞1億円え(史上7頭)、ばんえいグランプリ2連覇、など。

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1999年クラシック世代

23 ななしのよっしん
2022/11/08(火) 00:55:34 ID: 3fPwR4TQil
トゥザヴィクトリーエリ女制覇は2002じゃなく01ですね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2022/11/09(水) 21:09:41 ID: W8EUOMu6Zd
今でも残る日本レコード記録した騙馬王が代表一覧に入ってってないようですが
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 22:11:14 ID: rvEMYMu+J9
代表一覧Wikipediaを丸々コピって追加したのか…
数が増えてきたから2列とか3列にしたら見やすくなるんじゃないかな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 22:42:00 ID: Gz2ByQ6Fi2
逝ったかロサード…、RIP
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2022/12/02(金) 22:51:04 ID: t/NF5UBNKd
>>25
あー、ニコ百に記事のない競走馬名が増えたと思ったらそういうことか。
自分の意見としてはニコ百に記事のある競走馬G1で十分だと思うけどどうでしょう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 08:51:12 ID: t/NF5UBNKd
特に反対意見がないのでしたらあと1週間待って代表一覧を整理しますね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
29 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 12:27:50 ID: vIMQsvY2PN
オペラオートップロードに勝ってダービーを制覇したアドマイヤベガの翌年以降の活躍を見たかった

種牡馬としても5歳マイルcs制覇のブルーメンブラットを送り出してたあたりアドマイヤベガ自身も成長は期待出来たハズだし、4歳以降はg1を6戦連続で1・2着を独占した程にオペラオーとドトウが強すぎて他会場はキツかっただろうが、トニービンを活かせる東京なら十分勝ち負け出来たハズ

ホント、怪が悔やまれる…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
30 ななしのよっしん
2022/12/12(月) 08:25:27 ID: W8EUOMu6Zd
>>27-28
大百科に記事があるだけでいいんじゃないかな
少し前の版まではそうだったよね
ただでさえ強いが多かった世代だし整理ってなると取捨選択がまた問題になるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
31 ななしのよっしん
2022/12/13(火) 01:23:56 ID: t/NF5UBNKd
>>30
意見了解です。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
32 ななしのよっしん
2023/02/01(水) 23:09:24 ID: WIAoNf2Oth
世代のレベル高かったんだなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
0