遊戯王 デュエルリンクス単語

ユウギオウデュエルリンクス
4.7万文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

遊戯王 デュエルリンクスとは、遊戯王OCGデュエルモンスターズを基に開発された、スマートフォンアプリとして提供されているオンライントレーディングカードゲームである。

概要

遊戯王シリーズに登場したキャラクターアバターとして、スピードデュエルと呼ばれる形式で遊戯王OCGカードデータを用いてのデュエルを行うことが出来るゲームである。開発及び運営コナミデジタルエンタテインメントタッグフォースシリーズさながらのフルボイスによるデュエルに加え、特定キャラクター特定モンスターを召喚した際には専用の口上と3Dアニメーションが入るといった演出がある。

本作はコンピュータ相手にデュエルするモードデュエルワールド」に加え、「オンライン対戦」により他のプレイヤーデュエルすることが可。 様々な制約こそあれど、スマートフォンで見知らぬ相手とデュエルすることができる。また、過去デュエルした相手のデータ練習することや、他者のデュエルを観戦することも可となっている。

2016年4月配信開始予定だったが延期され、日本配信開始はクローズベータテストを経て同年11月17日に行われた。その後、2017年11月17日Yahoo!ゲームでの提供を開始した。よって、現在PCでのプレイも可で、かつスマートフォン版データを引き継ぎできる。デュエルシステムは「デュエルターミナル」のスピードデュエルシステムマスタールール3形式に落とし込んだようなものである。

基本料無料アイテム課金制であり、現ゲーム内でカードを購入する際に必要となるが、他のスマホゲー同様ゲームプレイ報酬やログインボーナスその他によって()が貰えるので、ごく一部を除けばカードの購入は課金で十分可(NPCとのデュエルでのドロップ報酬としてのみ貰えるカードも存在する)。

購入にジェムが使えないのは「2以降のストラクチャデッキ(一部除く)」、「プレイアブルキャラクターデッキ(4~5まではLVアップ報酬でも増やせる)」、「一部を除いたカードスリーブ及びデュエルフィールドオリジナルデザイン(モリンフェン柄もあるぞ)」。そしてプレイアブルキャラクターレベル上げに利用できる消費アイテムである。

実装されているカードはごく一部を除いてOCG準拠の効果を持ち、ゲーム内のバランスを見ながら追加されている。古い物から実装されることが多いが、中には近年のOCGで登場したカードも追加されることがある(OCGとは環境が違うので思わぬ活躍をすることもある)。

2020年9月29日から効果ダメージに対する大規模なエラッタが行われる様になった。具体的には、これ以降に実装されるカードの効果ダメージが半分になるという調整である。元から参照した値の半分となっている様なものは、その半分の4分の1となる。ちなみに、以前からプレイヤーが使えるカードの内、溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムのみこエラッタの対となった。

世界観

海馬コーポレーションが開発し、世界中のデュエリストデュエルが可な仮想間という設定で、サービス開始当初は初代『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』を基にしたデュエルワールド(DMワールド)のみが存在し、登場キャラクターも初代アニメ及び原作に準じた人物のみが登場していた。

2017年9月28日アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』を基にしたデュエルワールド(GXワールド)が実装され、デュエルアカデミアを模したワールド遊城十代アカデミア生徒や、アカデミアの実技担当最高責任者こと名物教師クロノス・デ・メディチ人気キャラも登場した。

その後、2018年9月25日には初代遊戯王から数十年後の世界を描いたアニメ遊☆戯☆王5D's』を基にしたデュエルワールド(5D'sワールド)が実装ネオ童実野シティを模したワールドにはシグナ―ことチーム5D'sの面々が登場した。また、この作品から登場したシンクロ召喚とそれに関連するカードも同時に実装された。

2019年9月26日から劇場作品である『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を基にしたデュエルワールド(DSODワールド)が実装アニメDMとはパラレルワールド扱いとなった原作漫画の正当な後日談であり、同一人物でも大きく印が変わっていたりする。

2020年9月29日アニメ遊☆戯☆王ZEXAL』を基にしたデュエルワールド(ZEXALワールド)が実装。それに伴いエクシーズ召喚と関連カード実装された。

2021年9月28日アニメ遊☆戯☆王ARC-V』を基にしたデュエルワールド(ARC-Vワールド)が実装
それに伴いペンデュラム召喚と関連カード実装された。なお、ペンデュラム召喚ルールOCGでの登場時から大幅な変遷を遂げており、本作では新マスタールール以降を元にした独自の仕様となっている。

手持ちのカードと消費アイテムは共有だが、それぞれ別のワールドという扱いになっているため、ワールド間をキャラクターが移動することはできないが、各ワールドに設置されたゲートと呼ばれる施設から「ゲートキー」という消費アイテムを使うことで、別のワールドNPCデュエリストデュエルをすることが出来る。

デュエルリンクスにおけるデュエルのルール(スピードデュエル)

2017年よりOCGでの公式ルールとなっている新マスタールールべた場合、

の違いがある。先攻ドローいので、後攻は若干ハンドアドバンテージに勝るのはマスタールール3以後と同様かつより顕著。

それに加え、各プレイアブルキャラクターには『スキル』というがあり、複数ある内の一つを予めセットして使用する。それぞれ発動条件と1デュエル中に使用できる回数が違い、同じスキルを持っているキャラクターも居る。中にはデッキ外から特定カードを発動及び手札やデッキに追加するという効果を持つものもある。ハーピィの羽根箒等現状では強すぎるという理由で一部のNPCしか使えないカードも持ってこれたりする。

ちなみにスキルの発動と効果に対してチェーン出来ず、カードの効果に対してスキルが誘発してもチェーンブロックに乗らない上、スキルの効果でモンスターが場に出た場合は通常召喚・特殊召喚として扱われない。また、スキルの発動を直接妨するスキルい。ただし、スキルで得たカード自体は普通カードとして扱われる。

リミットレギュレーションとスキル調整

デュエルリンクスに登場するカードはほぼ全てOCGとして実在する物であり、あまりに古いカードテキストエラッタされていたりするが、裁定もほぼ同じ(はず)である。しかし、ゲームバランス等の関係から全カードを網羅しているわけではない。データ自体は実装されているが、現在プレイヤーが取得する方法がいので、高レベルNPC専用カードと化している物もある。よって、禁止/制限カードの設定もOCGと異なる上に、ルール上の意味合いが少し違う。スキルの性も調整が必要となれば行われ、過去には上方修正を受けたスキルもある。その際にはカードの制限もスキル調整も簡単な調整理由が公式告知される。※下記の例はこの記事の更新を待たずして変更されている可性があるので注意。

これとは別に、ゲーム内で特定の条件を満たした場合のみ1~2枚貰えるカードがいくつか存在し、実質制限を受けているものもある(【LIMIT】定されたカードとの共存は可なので、そこはメリット)。

ゲームの流れ

ゲーム開始時に闇遊戯海馬瀬人のどちらかを最初のプレイアブルキャラとして選択する。その後、チュートリアル的に二人のデュエルが始まり、勝負がつくとDMワールドから本番開始になる。

初期のデッキ内容は基本的に5D'sワールド以外のほぼ全キャラ共通して、自身がエースカードとするカード1枚と、孔雀舞の様にエースモンスターを召喚するための前提となるカードが用意されている(一部例外)他は、攻撃1500にすら満たない弱小な通常モンスターくらいしか入っていない。

しかし、ステージレベルの低い序盤は、デュエルワールド内に現れるNPC(スタンダードデュエリスト)も同レベルモンスターしか出してこない(名も決闘者レジェンドデュエリストを除く)。彼らとデュエルし、経験値を獲得してキャラクターレベルを上げるとカードジェムなどのレベルアップ報酬が手に入るので、それらを集めてデッキを強化していきながらステージ毎のミッションを達成し、ステージレベルを上げていくのが基本的な流れになる。

一定のステージレベルに到達等の条件を満たすことでレジェンドデュエリストと呼ばれる遊戯王シリーズの登場人物達が現れ、ワールド内にNPCデュエリストとして登場したり、ゲートからデュエルを挑む事が可になる。更にキャラゲットミッションと呼ばれるお題をクリアすると、そのキャラクタープレイアブル化することが出来る。

また、期間限定イベントノルマ達成によってのみゲット出来るキャラクターも居る。その多くは同様のイベントを何度か開催した後、別の方法によって通常プレイ中にゲット出来るようになった。ただし、その手のキャラクターキャラゲットミッションは、原作での彼らのデュエル描写に沿ったお題が多く、特定カードプレイアブルキャラが必要だったりでかなり面倒。

ミッションについて

提示されたお題をクリアすると様々な報酬が貰える攻略要素。

施設

仮想世界デュエルワールドは、基本的に全てが下記の4つのエリアで構成されている。各エリアオブジェにはタッチするとギミックが作動するものがあり、当たり演出が出ると少量のジェムが貰える。

ゲートエリア

ゲートと呼ばれる大きなリング状の物体が置いてある公園エリア(噴水に触れると…)
ゲートは各ワールドを間接的に繋いでいるのか、「ゲートキー」というアイテムを消費することで、各ワールドNPCレジェンドデュエリストデュエルを挑むことが出来る。
ここに出てくるレジェンドデュエリストは各自のワールドランダムで出現するものと同じデッキを使用し、スコア報酬も同一である。

パズルデュエル&レンタルデュエル

このエリアには魔界発現世行きデスガイドが表示されたパネルも置いてある。
触れると彼女を対戦相手としてのパズルデュエル(詰めデュエル)や、配信パックに収録されたカードを用いたテーマデッキを借りてのレンタルデュエルが楽しめる。
それぞれ初勝利時のみジェムが貰える。

コロシアムエリア

対人戦を行うためのコロシアがあるエリア(に触れると…)
ランク戦では世界中のデュエリストと対戦が可となっていて、勝てば勝つほど上位ランクに昇格し、より強い相手とマッチングするようになる。ここでデュエルキングになることが、ある意味ゲームの最終標。他にはデュエルルームを作成して特定の人とデュエルしたり、ランク関係なしのフリー対戦フレンドオンリーフレンド対戦もある。一応他人のリプレイを見ることもできる。

ランク戦概要
ランク 段階 備考
デュエルキング 頂点 降格し。複数人昇格可。
レジェンド 1~5 レジェンド1は降格し。
プラチナ 1~7 降格し。
ゴールド 1~7 降格し。
シルバー 1~7 降格し。
ロン 1~7 降格し。
ルーキー 1~3 降格し。

ランク戦のランクは右の表にある通り7種類の区分があり、ルーキーレジェンドデュエルキング以外は1~7の7段階に分かれている。

ランクによって回数は変わるが、連勝すると昇格し、逆に連敗と降格する(備考はランク毎の敗北による降格の有)。一定ランクへの昇格によってジェムが貰える他、累積勝利回数によって特定カードと交換できる「カードチケット」等が貰えるため、がむしゃらに挑戦するだけでも得るものがある。毎の始めにリセットが掛かり、現在ランクから5段階下がっての再開となる。

ちなみにサレンダー(降参)もあるのだが、切断行為の抑制や敢闘を推奨するためウィークリーミッションイベントで、勝ち負け関係なく切断もサレンダーもせずにデュエルをやり遂げるとアイテムが貰える場合がある。

ショップエリア

各種有料サービスを購入するためのショップがあるエリア(ショップ屋根の辺りに触れると…)
カードパックは内容が固定の所謂BOXガチャになっており、全部引き切れば確実に狙ったカードが手に入る(レアリティの区分はURSRRN)。
しかし、URカード1BOX中1種につき1枚しか入ってないので、3枚集めたいときはコツコツジェムを集めるかそれなりの出費を必要とする(一応、年に数回貰えるドリームURSRチケットの交換対に入っている事がある)。
もし、々に欲しいカードを引き切ってしまったら、BOXリセットを行うことで新しいBOXから購入することが出来る。
1パック(3枚入)50ジェムor120円。1200~180パックのMAINBOXと、100~80パックのMINIBOXがある。で一度に沢山購入するとボーナスとしてジェムが付く。
何かの記念等に配信される「セレクションボックス」以外は基本的に配信期限が設定されていない

ストラクチャーデッキ

特定テーマに沿った「トラクチャデッキ」形式の販売も存在する。
メインデッキ20枚に加え、シンクロ召喚融合召喚を使う前提のデッキではEXデッキ用のカードも入っている。一部除いてそれぞれ1回だけジェムでの購入ができる
特定のストラクチャデッキに1枚しか入っていないカードも存在し、それらを3枚となるとやはり現での購入が必要になる(こちらも、年に数回貰えるドリームURSRチケットの交換対に入っている事がある)。
通常価格480円、1+プロクター付き240円(1回限定)。EXシリーズは通常価格840円、特別価格480円(1回限定)。こちらも特に配信期限は設定されていない

カードトレーダー

ショップ前の広場にはカードレーダーが居り、カード物々交換を行っている。
対人でのトレード機いので、遊戯王OCGルール上3枚以降の同名カードは基本的に不要となる。それらを交換用の消費アイテムに変換し、一定数を支払うことで特定カードと交換できるのである(定期的にラインナップが変わる)。
交換用の消費アイテムダブったカードの処理以外に、NPCとのデュエルでのドロップ報酬等の通常プレイでも入手可な他、イベント報酬など様々な条件で集められる。

また、パック購入やドロップ報酬で入手できるカードには「シャイン加工」及び「プレミアム加工」と呼ばれる特殊なる加工を施されている物がある(通常のものは「ベーシック加工」と呼ぶ)。それらをデュエルで使用するとデュエル評価に特別スコアが加算される様になっており、ハイスコアを狙う場合に重宝する。カードの様な特別な条件の達成で入手出来る物は確定で加工が施されている場合がある。更にカードレーダーから交換できるカードは、大量のアイテムを消費することで加工を施すこともできる。

デュエルラボエリア(旧カードラボ)

デッキカードスキル一覧が見れるデュエルラボがあるエリア(ゴミ箱の中身が気になる…)
特にカード一覧スキル一覧は、カードスキルの取得条件をすぐに調べることが出来て便利。
召喚ムービーの鑑賞一覧が追加されてから名称をカードラボからデュエルラボめた。

街頭リプレイ

ラボの外にあるアイコンから、ランダムで高ランク戦のデュエルリプレイを視聴できる。
1日に1度だけ、視聴するだけで5ジェムが貰える。

登場人物

プレイアブルキャラ

は通常プレイは現状期間限定イベントで入手可。

DMワールド

遊☆戯☆王」始まりの地、童実野町を模したワールドある意味常にバトルティ状態。しかし、登場するスタンダードデュエリストは当時ほどガラの悪い人たちではない。

DSODワールド

アニメDMとは少し異なる過程を経て完結した原作の後日談となる映画遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の童実野町を模したワールドある意味デュエルリンクスの原点。
相変わらず住民登録にデッキが必要な海馬コーポレーション下町となっている。

GXワールド

デュエリスト養成学校デュエルア・カデミアを模したワールドスタンダードデュエリストにはアカデミア生徒も混じっている。教師は今のところクロノスしか居ない(一応、GXの物語を追体験できるイベントイベントシーンのみ、何人か登場した)。

5D'sワールド

数十年後の童実野町ネオ童実野シティを模したワールドシンクロ召喚ライディング・デュエル大人気で、スタンダードデュエリストにはD・ホイーラーセキュリティの姿も(ただし、やるのは普通のデュエル)。しかし、シグナ―達のエースカード(シグナ―の)はプレイアブルキャラの全初期デッキに入っていない。代わりにの痣を介してデュエルワールドエースカードを呼び出すスキルの痣:ドラゴン○○○」をそれぞれ取得出来るようになっており、そのスキルセットしてデュエルを開始した場合に、それぞれのエースモンスターEXデッキに1枚追加され、更にチューナーモンスターが2枚メインデッキに追加される様になっている(スターダスト・ドラゴンのみワールド実装と同時配信されたパックにURで封入されていた。どうやら順次追加されていくパックの玉となっているらしい)。

特記事項として、5D'sワールドキャラクターシンクロ召喚を用いるため、自分フィールド上のモンスターレベルを変化させたりチューナー化する汎用スキルを取得出来るようになっている。

ZEXALワールド

DMDSOD、GX、5D'sとは違う世界に存在するハートランドシティという町を模したワールド。この世界ではエクシーズ召喚流で、D・ゲイザーというゴーグルや眼鏡の様な具によるARデュエルを行っている。遊馬アストラルに言わせると皇のの中に似た雰囲気があるという。
このワールドキャラクターエクシーズモンスターの攻撃エクシーズ素材の数だけ上げるスキルや、「No.(ナンバーズ)はNo.でしか戦闘破壊出来ない」というアニメでの特殊効果を再現するスキルを取得出来るようになっている。

ARC-Vワールド

多くのデュエル塾やデュエルスクールがひしめき合うARC-Vスタンダード次元を模したワールドスタンダードデュエリストにも所属先の有名名を問わず塾生やスクール生徒がいる。榊遊矢が使うまで存在していなかったペンデュラム召喚だが、現在では広く認知されている様である。
このワールドレジェンドデュエリストペンデュラムモンスターによって魔法ゾーン圧迫されるのを軽減するため、条件付きでPゾーンを追加できるスキルをいくつか習得できる。

その他(非プレイアブルキャラ)

イベント

キャンペーンなども含めて毎日何かしら二つくらいの期間限定イベントを並行して開催している。大きなイベントはだいたい終了間際にアンケートの解答をめられる(解答は任意)。アンケート結果が毎度ある程度反映されている様で、同様のイベントが開催した時は修正点を告知される。いずれもがっつりやれば結構な量の報酬が手に入る美味しいイベントだが、報酬カードは入手機会が非常に限られている物が多く、タイミングを逃すと取得が面倒になる場合がある。なお、特定キャラクタープレイアブル化が玉報酬になっていたイベントは、そのキャラの多くが常設の条件で入手可となったので、ごく一部を除いて再開催の見込みは薄いと思われる。

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%81%8A%E6%88%AF%E7%8E%8B%20%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

遊戯王 デュエルリンクス

1002 ななしのよっしん
2022/04/25(月) 22:06:38 ID: 9YgVFh07v6
めちゃくちゃ人減ってるよな
TOP10000のボーダーですらDP17000→13000くらいまで下がってるし、TOP1000くらいならちょっと頑れば取れるようになってる
KC2次に上がってる人も、古代の機械の頃が20万人だったけど、今は10万切ってるんじゃないか?
1003 ななしのよっしん
2022/05/03(火) 07:20:39 ID: Fg46ak1thQ
自分は去年の9月しか2nd進出した事ないけど、その時の記録DP57で81774位。参考までにどうぞ
この時に使ったオノマトバンチョートピアピン挿しのカス構築でも十分強かったせいで自分はスキルゲーだと萎えてしまい、以来好きなデッキ1stLv18まで行ければ十分だと思ってずっと1st止まりです

個人的には先KC序盤でモンスター人気カードエレキが下位ながらも喰い込んでるタイミングがあった方がヤバく感じる
1004 ななしのよっしん
2022/05/05(木) 17:27:29 ID: TYSPWsKEfC
今はキャラゲットイベントかやってないけど
たまにやるので
もうちょっと遊びやすくしてほしいね
1005 ななしのよっしん
2022/05/08(日) 11:06:29 ID: S2Frb8wZQG
これがクソゲーか否かで言えばクソゲーだがデュエルテンポ自体はマスターデュエルよりは間違いなくいいし
何よりマスターデュエルソロガチ虚無だからこっちはこっちで必要だとは思う
まあガチは迷いなくマスターデュエル行ってるんだろうねルールとかカードプールとかの面で

個人的には制限はリンクス仕様のほうが抑止にはなっていると思う
個別じゃなく全体で投入枚数規制すればピン刺しで機するようなカードも入れにくいしな
1006 ななしのよっしん
2022/05/22(日) 19:30:01 ID: Z7dhVBPK+2
今やってるイベントオートトロンと戦ってると止まったり長考したりするんだけど、何か紋章獣デッキに問題があるのだろうか
1007 ななしのよっしん
2022/05/23(月) 19:08:09 ID: 9YgVFh07v6
iphone13でやってもフリーズしたな
墓地で発動する効果があるデッキは古い機種だと重くなるし、そういう挙動がAIは苦手なんだろうか
1008 ななしのよっしん
2022/05/24(火) 03:25:11 ID: azcMpZa7e3
紋章獣自体は構成パーツがほぼ8期産だからそこまで面倒な処理はさそうなのに不思議だわ
墓地効果を多用するテーマは最近だとユートの幻実装してるし尚更
1009 ななしのよっしん
2022/05/29(日) 13:36:48 ID: Ar6nl2Hx5a
元々使える効果が多いとフリーズしてた。
ダイナミストチャージとか引くと高確率で十数フリーズするし…
1010 ななしのよっしん
2022/05/30(月) 10:22:16 ID: S2Frb8wZQG
botチートマスターが引き受けてくれているおかげでいま残ってる中だとそいつらは前よりはだいぶ減った感あるな
人口減の数少ない功の部分
1011 ななしのよっしん
2022/06/02(木) 19:52:48 ID: 9YgVFh07v6
モブ武神墓地効果が多いから古い機種だとフリーズするな
オート周回用のBFもゼピュロス入れると重くなる
古いスマホだと古代の機械が一番いいかもしれない
実装されてかなり強化された

ニコニコニューストピックス